お色気危機一発!!

c0288736_2316223.jpg
 我が家のお色気担当と言うと、やはりこのルナさん。(あ、このような場合、ラムさんは除外。 別格大本尊ですから)
 さばさばとした口調の姉上系でありながら、漆黒の肢体からほとばしるエロティシズムは、
 どちらかと言うと健康的な他の四人とは違う、危険な香りを持つ魔性属性。 たまらんモノがあるのです。



c0288736_23284998.jpg
 そのエロさの象徴と言えるのがこの中華カーボンハンドル。 艶めかしき曲面を眺め撫でさする悦楽は何物にも変え難いものでした。

   が。




c0288736_23372357.jpg
 華の命は短くて。  お別れの時がやってきたのですよ。  ね。 わかるでしょ?




c0288736_23393157.jpg
 これだってーの。


 いやいやいや、いくら denzi a-lows なDENZIさんとはいえ、さすがにこれはゴメンナサイだ。
 エロを堪能するために肩までしかバーテープ巻かなかったのが幸いしてなんとか死ぬ前に気付きました、悪運強いなあ。
 blogネタとしてはかなりオイシイ部類に入る案件なのでそれはヨシとして(笑)
 大問題なのはこれに代わるエロいハンドルをどうすべえか、ということだ。
 南米密林商会を覗くも既に販売は終了してるようだし(たぶんsfidaがおんなじモンだろうが、購入時の倍額払ってまた折れたら汗)
 これよりエロイとなるとチネリのラムとか? いやあ買えませんってそこまでは。
 んじゃまビンボニンにやさしいイーストンカーボン? うむ、クールだがエロでない。 別にカーボンでなくてもいいし。
 フィジークも色気はあるがエロとはちょと違う。 ルナさんには似合いそうだがね。
 ううむ、エロスかあ、むつかしいなあ。 クイルステムならグッときそうだが、アヘッドですしね。
 したら、クロモリステムとかで近いトコ持ってく? むむう、ニットーかあ、メッキは似合わないよなあ。
 だったらシムワークスで黒メッキは? んー・・・・・・・・、SWの世界はルナさんとは違うような・・・・・・・・・
 ああむつかしいむつかしい、ことエロさという観点で見たら、あのちゅうかなぱいぱいはかーなりイイ線行ってたかんなあ。
 エロさではかなわんとしても普通のハンドル、ステムではつまらんもんなあ、ちょっと一ひねりしたいよなあ。


   そういうワケで。



c0288736_2213654.jpg
 一ひねりといえばやはりこちらではないでしょうか、東京サンエスさん。
 シムワークスのような三ひねり半とはいきませんが、ちょっとばかりこだわりがあって、オサイフにもやさしくて、ちっちぇー人間の味方。 
 J-FIT ever FZ をチョイスしてみましたよ。 そしてそれに組み合わせるのは。 同じくDIXNAのフォークステム。



c0288736_2392714.jpg
 日本メーカーの信頼性に一ひねりのフィット感、軽さ、そしてこのスムーズなライン。 
 あのあからさまなエロエロ感にはかないませぬが、そこはかとない色気は感じられるかと。
 あとは走ってにじみ出るエロスがどうなのか?ってコトですけどね。
 そこはルナさんの底力に期待いたしましょう。 楽しみ楽しみ。




  
[PR]
by denzia | 2016-07-30 23:51 | Comments(5)
Commented by メルカトーネ・ウノ at 2016-08-01 21:19 x
2年前カレラフィブラevoに付けていたステムがイマイチ短くて、塾長に120ミリのステムを借りて走っていたのだけど・・・。

見事に3カ所ボルトからヒビが・・・、怖さと言うか塾長の計画的犯行とか考えた一件でした、それを塾長に言うと「ステム捨てて」で終了。
Commented by imp at 2016-08-01 21:50 x
中華こわいっすね!
Commented by DENZI at 2016-08-01 23:17 x
いやあ素晴らしい! この示唆に富んだ記事に寄せられた示唆に富んだコメント!
皆様におきましても素晴らしき学びとなったことでしょう!
つまりは、命を預ける非常に重要な部品をです!
得体の知れぬ通販で入手したり人から借りたりして済まそうとする愚か者は
ハンドルがもげて死んでしまうがいいさ、という事なのです!
貴方の大切な命を守るパーツは、ぜひ信頼と実績のサイクルショップ朝里へ!
サイクルショップ朝里、神過ぎてワロタwww

#それはステマ

Commented by スーパーレコード at 2016-08-04 06:51 x
大昔にクロモリのフレームのダウンチューブにヒビが入り折れた事があります、金属疲労が原因でした、その時以来自転車は綺麗にする事にしました、すぐ目視で判る様に、以来手入れのされていない自転車には近寄りません
Commented by DENZI at 2016-08-05 19:59 x
おおう、折れましたか、しかもダウンチューブ。
やれカーボンがアルミがと言われますが、クロモリとて油断は禁物、
シビアに性能を追求してればなおさら、使うほうにも気構えは必要です。
悪魔のように細心に 天使のように大胆に  ガキの頃CMで聞き覚えた言葉ですが、黒澤明監督の名言なんですね。

ところで・・・・・

あんなに磨いたら減りますよ(笑)


  愛しい妻達(自転車)と     果てしなき愛を交わす、    怒涛の自転車ヘンタイBlog          (↑ここ重要)


by denzia

カテゴリ

全体
プロフィール
ペダリングのゴタク
銀輪採集記

タグ

(33)
(30)
(26)
(22)
(19)
(9)
(8)
(7)
(6)
(4)
(3)
(1)
(1)

以前の記事

2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
more...

最新の記事

クロージング。。。。。
at 2016-11-22 16:38
最終回。
at 2016-11-22 16:03
真夜中は純潔。
at 2016-11-15 11:30
すごくうまいおはなし。
at 2016-11-01 23:56
観楓会。
at 2016-10-23 22:46

お気に入り

検索

記事ランキング

ブログジャンル

自転車・バイク

その他のジャンル