真夜中は純潔。

日付も変わろうかという夜半、帰路の空がなにやら蒼い。
そうか、今宵はとびきりの月。 それにどうしたことか、空気がやけにぬくい。 
ああわかった、あいつが誘っているな。
家に戻るとシャッターをあけ、シリカの儀式をとり行い、蒼い闇へと滑り出す。
ヤマは冬の規制がはいっているからダム下で行き止まり。 ならば街灯から逃れ、月明かりだけにはなれないな。
まあそれでもいいさ、ナトリウムとLEDと、超おぼろ月夜のカクテルの中、空色の淑女と小さな逃避行。

粛々と滑るはずが、なんとなく足取りが重い。 昨日の泥仕合のダメージが残ってるのか? いや、違うなこりゃ。
掌に伝わる路面の感触がみるみる不快に変わって行き、やがてゴトン、ゴトンと。
あーあ、やっちまったよ。 前輪なんていつ以来だ? 
そういやシリカしながら、「このタイア、いーかげんもっといかしたのに変えたいよなあ。」とパンクフラグを立てたもんな。

「てへ。」

はいはいそーですか。 まったく見事にフラグ拾うよなあお前は。 
ヴェロフレックス・スプリンターで山梨峠のキンキンの砂利道5kmを走破してもへいちゃらだったくせに、
ちょっと他のタイアに色気だしたら速攻だもんな。 ブラの谷間に画鋲を隠し持ってるんじゃないかくらいの。
はい霜月も半ばの午前零時でございますよ。 修理道具なんて一切もってませんよ。
それでもこれっぽっちも腹が立ったりさせずに、まいっか、家まで3キロ、お手々つないで帰りましょ、なんて言わせるってんだから。
やること全てがことごとく許せてしまう存在ってどんだけよ。 ありえない女だよキミは。
色香の漂うクイルステムに手を添え、静まりかえった深夜の温泉街にチリチリチリチリとカンパニョーロのラチェット音をひびかせる。
見ているのは雲間から覗く蒼い月だけ。




c0288736_11194421.jpg
「ダーリン、ちょっとご休憩していくけ?」

ばーか、自転車かついでチェックインしにいったら警察呼ばれるって。



  余人にはとうてい理解らぬ恋路もあるのです。 ピース。




   
[PR]
by denzia | 2016-11-15 11:30


  愛しい妻達(自転車)と     果てしなき愛を交わす、    怒涛の自転車ヘンタイBlog          (↑ここ重要)


by denzia

カテゴリ

全体
プロフィール
ペダリングのゴタク
銀輪採集記

タグ

(33)
(30)
(26)
(22)
(19)
(9)
(8)
(7)
(6)
(4)
(3)
(1)
(1)

以前の記事

2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
more...

最新の記事

クロージング。。。。。
at 2016-11-22 16:38
最終回。
at 2016-11-22 16:03
真夜中は純潔。
at 2016-11-15 11:30
すごくうまいおはなし。
at 2016-11-01 23:56
観楓会。
at 2016-10-23 22:46

お気に入り

検索

記事ランキング

ブログジャンル

自転車・バイク

その他のジャンル