<   2016年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

愛の印。

c0288736_2142657.jpg
「はーい、今日はみんなに、いーいプレゼントがありますからねっ!  ほーらっ!!」
「ああ 男ん人って いくつも 愛ば持っとっのね。」
「ちょっとちょっと! それはアナタみたいな小娘が軽々しく口走れるセリフじゃないでしょ?」
「ハーイ、ルミ、知ってまーす! イイことをすると一つづつもらえて、十個集めるとA級ロードレーサーに・・・・・」
「テメ絶対昭和生まれだろ。
 そんなんじゃねえよ。 勝負で勝ったら一つ貼って、お前に勝ったら20個めだ、ほほう、オレは貴様に勝てば30個目だが、と・・・・・」

「こらこら昭和40年男共が揃いも揃うんじゃないの! それは星マークのはずよ? だいたいそれだったらリンダ君一つも貼れないでしょ!」
「何イ! ふっざけんなよ、確かにハコダテは7SAMAに敵わなかったけどなあ、冷水復路でimpさんにタイア差で勝っただろ!」
「えー、そお? あれ差されてたってもっぱらの噂だけど? どうせなら私くらい圧勝しないとねえ・・・・・」
「あらー? あれだってimpさん冬眠明けだったじゃない? 寝起きをおみまいするのは卑怯だと思いっまーす!」
「そういうルミたんもオロフレで弱いものいじめした以外は勝利ナシだったんじゃなーい?」
「テメエだって勝ったってのは弱いものいじめのときだけだろが!」
「何ですって!」「何よー!」「失敬な!」「うっせーんだよ!!」「せからしかっ!!」
「ケンカするんじゃないっちゃーっ!!」





c0288736_0242530.jpg
「・・・・・・・・、えー、よろしいでしょか? これ、撃墜マークじゃございません。 一人一個だけ貼るんですよ。
 取り出しましたるはBOSCHの距離計でして、今回本来の使い方とは違うんですけど、レーザーポインターとして使いますです。
 こういうふうに三脚に据えて水平を出しましたらば・・・・・・・」



c0288736_0284046.jpg
「クランクの中心に合わせましてですね・・・・・・」



c0288736_0294722.jpg
「そのままトップチューブまで上げてやりまして・・・・・・・」



c0288736_0311126.jpg
「そこにこうして貼ってあげますのです。」



c0288736_0331748.jpg
「ああ、カンパはクランク中心が出しやすくてイイですねえ。」



c0288736_035911.jpg
「はい、さやかさんはピンクにしましょうね、桜と合わせてね。」



c0288736_0361847.jpg
「ルミはスローピングだからハートの中心を合わせにくいんですが、この時期限定、息を吹きかけるとラインが浮かぶんですよ。」



c0288736_0392091.jpg
「ルナさんはマリアローザがいいでしょ? 似合うですねー、カーボンラブ。」



c0288736_0414678.jpg
「アリーシャは赤にしましょうか。 もうおわかりですね。 これはセンタリングマークです。
 これがあるとリーチやサドルの後退幅がとても測りやすいんですねー。 でもただのラインだと無粋でしょ。
 いつも忘れてはならないのは愛する心。 ユーアンダスタン? 」
[PR]
by denzia | 2016-02-23 22:15 | Comments(2)

許すまじ不正改造。

2月17日 正午過ぎ AK村内AK温泉の駐車場出口付近にて行進を開始した暴君ネロ陛下の駆動部分に破損が生じ、
 行進が中止されるという事故が発生した。
早速事故調査委員会が調査した所、駆動用チェーンが破損、スプロケットも大破して走行再開は不可能と判断された。


c0288736_22115386.jpg


ネロ陛下は元々シングルスピード車として販売されていたが、運行管理責任者のD(仮名)を追求したところ、悪質な不正改造が発覚した。
33/18Tのギア比での走行に脚力の限界を感じたD(仮名)は、不整地走行時にリアを22Tに入れ替えることをしていたが、
 走行ごとにホイール、スプロケット、チェーンリンクを入れ替えることに疲れ、ディングルギアの採用に踏み切った。(参照記事)
通常であれば自転車一台分くらいの費用がかかるのだが、
 D(仮名)は不正な手段を使い自転車一台分くらいの費用で改造を行い、これが今回の事故の引き金となった。
AKの走行は激しい上りもなく高速での運行が可能なため、通常36/19Tでの走行が行われていて、今回も当然その状態で開始された。
しかし発進直後にリアが24Tに噛んでしまい、チェーンテンションが過大となり、チェーン、スプロケの破損を引き起こした。


c0288736_22124826.jpg


D(仮名)によると、「いやスタートだってんでガツンと踏んだらえっらくペダルが重くて、
 あれっ、ヤバくない?と思ったら直後にバキンと。 うっわやっちった、と。」
具体的には踏み込んだトルクでリアがゆがみ、チェーンテンションがたるみ19Tをディレイル、
 そのまま24Tにかかってしまったため破損に至ってしまったというのだ。
通常であればありえないのだが、D(仮名)は変速性能に定評のあるS社製の10速スプロケットとチェーンを使用していた為、
 D(仮名)ごときのトルクでアサーリ脱線事故を引き起こしてしまったのだ。


c0288736_22142610.jpg


ここで今回の事故の被害者となってしまった暴君ネロ陛下のお言葉を賜りましょう。
「いやあ皆さん、ご心配をおかけしとります、暴君ネロでっせ。 たくさんの応援メッセージ、ありがとうございますね。 
 いやもうスタート直後でっせ、バキンいうたらスカスカっとね。 いや無理あったんですわ、インチキは。
 あのアホーが偉そうに整備士生活三十余年とかほざきながらチョロイ真似さらしよってからに、シャレならんわ全く!
 だいたいやねえ、こないだ22に飛んでアカン言うてたのに24なら大丈夫やとかごまかして・・・・・・」

はいはい、長くなりそうなんでここらでありがとうございますですが、驚愕の事実が発覚いたしました。
何とD(仮名)は、ディングルに飽き足らず、リアを三枚にするという暴挙に出てたんですねえ。
いわく、「24は低すぎそうなんで、22と24を選択式にしてみて、どうかなあ、と。」だと。
それで19から22に再三飛んで、チェーンがパッツンパッツンに張ってえらいことになってたと。
それでエンドのアジャスターいからしてM4をM5に切り直して、22Tとっぱらって5T違えばおいそれと飛びゃしねえだろ、
 とタカをくくっていた為にこのような重大事故を引き起こしてしまったというのだ。 なんという責任能力の無さ。


c0288736_22134966.jpg


しかもその件に関しては自己のblog等で一切触れていないという辺りに、あきれる程の隠蔽体質を垣間見てしまうのだ。
当局よりの追求に対しD(仮名)は、「まいっかなあと思って。」と、まるで事の重大さを感じていないという無神経さ、呆れるばかりだ。
そして15秒も乗ってないのに、直行で戻って対策をすることもせず、いつもよりゆっくりとオンセンにつかり、
 余市に下りて最近お気に入りの宗八の茶漬けを堪能し、あげくはニッカバーに消えていったという危機管理能力の無さ。
しかも糾弾に対し、「いや余市20年ショットの復活を確認しただけで、呑んではいない!」と。
当たり前だ馬鹿者!! ちゃんと真面目にやれってんだ!! ぶっとばすぞこんにゃろう!!




適当な改造は身を滅ぼします。 自己責任とかじゃなく、やめましょう。 



c0288736_22145677.jpg





   






 
[PR]
by denzia | 2016-02-17 22:16 | Comments(2)

真珠入り。

 寒いわ。 寒いの。 だって朝起きたら2℃ですよ、2℃。 部屋ん中が。 外はあと10℃ほど低いらしい。 ヤダよ家にいるよ。

 んでまあやれる時にやっとくべかね。 シマノの501だか510だか(持ってたのかよそんなモンw)で練習して、

 ゾンダで(16R !!ww)練習して、コツもつかめてまいりました。 では!いよいよ! 例のヤツを!!

 おっとその前にハブの状態見ておかんとな。 ガタやゴリは当然ないんだが、目で見ておきたいじゃん。

 バラバラっとね。




c0288736_229476.jpg
 ♪ 気持ちイイことーも そー 真珠も そー アンターのー たーめー

 つんく先生もビックリの黒真珠の輝きにウットリ、これがかの狂信のご本尊。

 たまらんっちゃ。



c0288736_22145196.jpg
 残念ながらレースは初期型ですな、痛みに注意。

 本来なら何もつけずにイクのが正しいんですが。 真珠のためというよりレースのためにと念じ、ローションを一滴。

 あとは入念に玉当たりを調整。 あくまでシロート仕事ですが、機械と取っ組み三十余年の感覚を信じ。

 まるでハープを弾くかのように抱え、リムに耳を当て、シャフトを回して反響音に耳を澄ます。

 手の感触、耳の感覚、よし、これでいいだろ。 台に据え、ブンと一回し。

 2本だけのシルバースポークがいつまでも煌き続けるのを見ながら、コーヒーでも。 

 いやー、ウヰスキーが欲しいぜ昼間っから。 



c0288736_22483011.jpg
 で、肝心の振れはというと、俺ごときでは感知できないくらいの精度でOK。 いやー、程度イイわ、こりゃ。 たまらん。

 さーて、後輪はどうだべか。 それはまた今度のココロだ。
[PR]
by denzia | 2016-02-16 22:57 | Comments(2)

かみわざ。

c0288736_22104730.jpg
 いやあ、俺って愛されてるわ。 愛されっちゃってるわ。 自転車の神に。

 でなきゃわざわざ今日という日にコレが届くワケないもん。

 注文入れた本人でさえぺろっと忘れてたのに。

 わかりましたよ自転車の神、センター直させていただきます。 










c0288736_22202672.jpg





 
[PR]
by denzia | 2016-02-14 22:22 | Comments(0)

Oh!No!!  おー脳   懊悩

 以前ワタクシ、「膨らんできちゃった。」という名文をしたためたことがあるのですが、今回はその続編をば。

 あれから半年、ワタクシのサンダーバード二号こと奴さんの荷室には未だにへなちょこのジョウブローが置きっ放しになっていて、

 相も変わらずぽひゅぽひゅとカタルシスを感じない空気入れを繰り返しております。

 何だ何だ偉そうなことほざきやがってそのザマは、って? だってしゃーないでしょ、あのSILCAさんが亡くなっちゃったんだもん。

 いやーマジ勘弁してほしいよなあ、永遠の定番が亡くなってしまうだなんて、自転車界にとってメチャ大きな損失ですぜ。

 そんなワケでガレージのスーパーピスタはおいそれとクルマに積みっ放しにしてゴロゴロ転がって壊れちゃマズイ。

 となると儀式の8割がたは車載のジョウブローでヤルことになるワケで。 どうにも官能の渦が巻いてこない。



c0288736_23142110.jpg
 そんなトコにコイツが滑り込んでまいりまして。 ええ、安くなってたんです。

 アルミポリッシュのスタイリッシュな高級機、イイんでないの? と思い、購入。 だが。



c0288736_23361425.jpg
 ベゼルが超絶安っぽい。 ハイポリッシュアルミキャストのこの周りの雰囲気を全て台無しにしてしまうくらいに。
 
 台無しにするくらいなら付けないほうがマシだろが。 わかってないよなあ、高級というものを。



c0288736_23302938.jpg
 使いにくいったらありゃしない。 いちいちねじ込めとか、ないだろ、普通。

 こちとら乗るたびに必ず前後輪使うんだぞ。 ありえねえって。



c0288736_23335486.jpg
 おいおいおいおい、なしてこんなに重いのよ。 8bar突っ込むのがやっと。

 10bar突っ込もうとしたら62kgの体重が浮いたぞ。 アホか。



 とまあ、見た目ばかりの高級機、機能は半額以下のジョウブローにも及ばない。

 しかも。 そんなことは「些細」だといわんばかりの致命的な欠陥が。




 ポンピングの感触が絶望的。 ガゲゲゲゲ、ヅゲゲゲゲ、と

 まるで潤滑不足でアルミのシリンダーが削れてるような感触が掌に伝わる。

 サイテー。 お話になりません。 ゴミです。

 崇高なる愛の儀式を何と心得るか、恥を知れ恥を!!





 ちゅうワケで元値が諭吉級、特価で一葉並みのピカピカ高級機は、試しに二本膨らましただけでとっととさよならしちまいました。

 さあ困った。 次の納得する一本は、どうやって選べばいいのだろう。  

 売り物をいっぺん使わしてもらって、ちゅうワケにゃいかんだろうし。

 さりとて、「空気を入れるときに快感が脊髄を逆上がるようなヤツは・・・・」なんて言い出そうものなら、

 『この変態野郎! 二度とウチの敷居を跨ぐなっ、ペッペッ!!』 となるのは火を見るよりも明らか。



  あああ、SILCAよお、どうして逝ってしまったのだああ・・・・・・・・・・
[PR]
by denzia | 2016-02-13 22:08 | Comments(2)

幸せの雪チャリ。

c0288736_22112858.jpg
 はいはーい、MKあればAKあり。 毎度MKでは飽きもすれば疲れもするわ。 やはり地獄の次は天国に昇天しないと。
 そんでそんで、毎度陛下ばかりってのもやっぱアレだし、ここは一発脱スパイク! ブロックタイアでつるつると!
 と思ったんだけんども。 IRCのミブロさんは予想外に効くのよ。 今日の路面だと下手なスパイクより咬むの。 ビックリ。



c0288736_22274479.jpg
 よんぢゅうごばーん かさやゆきおくーん ニッカウヰスキー 



c0288736_22292547.jpg
 昇天。 テレマークが出ました。。。



c0288736_22302126.jpg
 しょっぱいねえ。 雪がしょっぱいねえ。 雪ってのは汗だくになるんだよお。 そして何んにも見えないんだよお。



c0288736_22375651.jpg
 いいねえ。 いい画だねえ。



c0288736_22411092.jpg
 しあしまあ、ホントに咬むねえ、ダンシングしても前荷重にしないと後輪ホイールスピンしないもんな。
 ツルツルしながらのスキルでも磨こうと企んだんですが全然グリップ走行。 まあ効いて困るこたないんでぐーるぐる。
 変速機っていいなあ。 26インチの機動も楽しいなあ。



c0288736_2384960.jpg
 白い天国。 



c0288736_2312251.jpg
 がーりがーりー くんがーりがーりー くんがーり がーりー
 コブライーターの本領発揮。 いやおもっしゃかったわ。 さてさてオンセン浸かって多少昼寝でも・・・・・・




c0288736_23124170.jpg
 の前に一もがきだけ。 陛下のアクスルのトラブルシュートができてるかどうかのテストだったんですが・・・・・・
 が、だよねー。 この天気がきたらついつい延長戦。




c0288736_2313370.jpg
 しかし、比べるとやっぱし陛下は陛下。 大船ですねえ、乗り味が。 どんぶらこどんぶらこ。




c0288736_23132045.jpg
 鈍重と言えば鈍重。 安定と言えば安定。 大きく重く、委細かまわず。 明らかに慣性の高い大車輪。




c0288736_23133739.jpg
 来ました神光線。 モノホンの天国になってまいりました。




c0288736_23135967.jpg
 いーやあああ。 どうですこれ。 極楽が浄土でしょ。




c0288736_23141560.jpg
 どんぶらこっこ すっこっこ  どんぶらこっこ すっこっこ



c0288736_23143210.jpg
 まわるー まーわ るよー じだ いーはー まわるー
  よこー ふれー たてふれー きにと めーええー ずー




c0288736_23144931.jpg
  天気は人を幸せにする。 以上。
[PR]
by denzia | 2016-02-11 10:02 | Comments(0)

真実一路。

c0288736_2043424.jpg
「起き!やが!れーっっ!!」
「ふえ? いやまだ6時なんですがリンダちゃん。 MKですか? やー、食傷気味だと思うんですがもう誰も驚かない。」
「うっせえ! まだアタイだけ走ってねえだろ! そんな不公平アリとは言わせねえ!
 誰も驚かないってんなら驚かせてやろうじゃねえかこのアタイがよ!!」




c0288736_2111155.jpg
「いつもより一時間早く起き、早く出て、早く着く。 でもねえリンダちゃん、9時半はかなりまだ寒いんですってば!!」
「ガタガタ泣き言言ってんじゃねえよ、寒けりゃもがきゃいいだけの話だろ? おし、行くぞっ!!」



c0288736_2163920.jpg
「いやリンダちゃん! どこまで行くつもりですか! 富川から平取へ上がるんじゃないんですかなして235延々なんすか?!」
「だからよ、おんなじことやってたら飽きられるだろが。 となりゃアタイの取る道は一つ。
 ストイックに遊びナシ。 力の限り突き進むのみ、だな。」




c0288736_21545275.jpg
「いやあのねリンダちゃん? 力の限りとか言ってるけどね、行っちゃったら帰れないでしょ日高本線もお亡くなりになってんだし。」
「とにかくだなあ、アタイが一番じゃなきゃヤなんだよ! 今期一番はルナおばちゃんの73.6か? うーし、80オーバーだな、何としてでもだ。」
「無理ーっ!」



c0288736_2284347.jpg
「だから泣き言は聞かねえっただろ? かわいい女房の願いだったらその身を焼き尽くしてでも叶えるのが丈夫ってモンだろが?」
「あのね。 焼き尽くすも何もすっかりしばれておりますが。 ねえR2D2さん? それともBB8さんですか?」



c0288736_22344218.jpg
「ああとうとうキテしまいましたヌイカプ。 スーパーレコードですねえ。 ギブリでしょうか? ボーラTTでしょうかね?」



c0288736_2237568.jpg
「いよしと。 ここ41キロ地点で戻るとするか。 これでどうあがいても80オーバーは約束されたな、きしししし!」
「いやあのね、来るのはいいんですよ来るのは。 MK名物復路の向かい風がね。 いよいよ。」



c0288736_215881.jpg
「休んでんじゃねえよキリキリ踏めっての!!」
「だって全然進まないんだもん。 延々40km向かい風とわかりきってるってのは悲しいのよ。
 美しいリンダちゃんの画くらいあってもいいでしょ。」



c0288736_21164337.jpg
「ああ、先週はビフテキだったんですよ? あんパンってのはあんまりじゃ・・・・・・・」
「オメエがあんパンの器だって言ってたんじゃんかよ。 とっとと食ってまたもがくぞっ!!」



c0288736_2122454.jpg
「あああ、もうアンコで踏んでます。 アンコです。 アンコ踏みです。 つらいです。 合宿です。」



c0288736_21331068.jpg
「愛しいダンナ様の望みとあらば、アタクシ身を粉にしても叶えますことよ!
 あと10kmをプラスして、残り10kmを肉で踏む漢気がありゃあだけどなっ!!」

「うううう、リンダちゃんのいぢわるう・・・・・・・・」



c0288736_21461583.jpg
「おめえよお。 いくら何でもやられすぎだろ。 AV23.5って何よこのナメクジ野郎!」
「でもねえ。 平均心拍151ですよ。 戻ってから動けず車中でダウンですよ。 フロでも必死でマッサージ三昧ですよ。
 翌日ハムやら胆やら二の腕やら筋痛ですよ。 シーズンオフにここまで人を追い込むの? 君しかできないわ、マジ。」





c0288736_22151295.jpg
 速やかにたんぱく質、炭水化物、塩分、そして熱。 身体が欲するならば欲するままに。 
 グルメが何ちゃらとか言ってる余裕なし。 いやー、さすがはリンダ。 間違いないわ。





     
[PR]
by denzia | 2016-02-07 23:01 | Comments(2)

懊悩。

 崇高なる愛の前戯、それは空気入れ。

 しっかり空気が入ってこそ愛は花咲き実を結ぶ。

 彼女とポンプを結ぶもの、それは口金。

 口金に贅を尽くしてこそいっぱしのへンタイ自転車乗り。

 そんなアタシは例に洩れず、やはりヒラメの横カムでございます。




 しかし。

 どうしても「生理的に」受け付けないのだ。




 あの締め付けの細やかさ、精度、剛性感。

 求められるところにこれっぽっちも妥協はなく、それ以外に無駄は寸分もない。

 ヒラメの前にヒラメ無く、ヒラメの後にヒラメ無し。 まさしく孤高の存在、ヒラメ。

 だが。 であるからこそ。 どうしても許しがたいのだ。

 歩み寄るべく。 判りあうべく。 努力はしてみた。 だが。 

 その機械としての作動が高貴であればあるほど。 許しがたい深い川が二人を分かつ。




 解決策を模索した結果、ここにたどり着くのはやはり必然であろう。








c0288736_23372965.jpg
 
 ヒラメ・縦カム。 ああ麗しのユニバーサルデザイン。





 君達は知るまい、ぎっちょの悲しみを。





[PR]
by denzia | 2016-02-02 23:46 | Comments(2)


  愛しい妻達(自転車)と     果てしなき愛を交わす、    怒涛の自転車ヘンタイBlog          (↑ここ重要)


by denzia

カテゴリ

全体
プロフィール
ペダリングのゴタク
銀輪採集記

タグ

(33)
(30)
(26)
(22)
(19)
(9)
(8)
(7)
(6)
(4)
(3)
(1)
(1)

以前の記事

2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
more...

最新の記事

クロージング。。。。。
at 2016-11-22 16:38
最終回。
at 2016-11-22 16:03
真夜中は純潔。
at 2016-11-15 11:30
すごくうまいおはなし。
at 2016-11-01 23:56
観楓会。
at 2016-10-23 22:46

お気に入り

検索

記事ランキング

ブログジャンル

自転車・バイク

その他のジャンル