<   2016年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

紅い稲妻。

c0288736_21534859.jpg
さあ各馬ゲートインから一斉スタートです!



さてさての3月は27日。 先週しめやかに今シーズンの幕を開いたDENZIさんではあるが、
何せ根っからの極悪非道の男であるからして、そういうのは早くもアキマヘンモード。 
ああ、悪逆非道の限りを尽くしたい! そのためにはいたいけな弱者が必要不可欠。
でもそんなかわいい子鹿がそうそう目前に現れるわけもなし、はてどうすればいいものか・・・・・・・?




c0288736_2254792.jpg
そういう時は格言を拝借するのがお利口ちゃん。
えっと、えっと・・・・・ナントカの威を借る・・・・アンドレカンドレ・・・・・・・・・・・ああそうそう! 黒豹の威を借るハイエナ、だ!!
「一緒に走ろうぜー!」なんて下心たっぷりで呼びかけたところで、
平成28年度人気ナイ指数後志地区第六位のDENZIさんの甘言に引っかかってくるのは百獣の王のimpさんくらいのもの。
ならば先ほどの人気ナイ指数、ワースト10にランクインしたベネズエラの黒豹ことカルロス・トシキ(仮名)を焚き付ければほーら!
あっという間に2ケタにならんとする獲物が洞爺に集合だ! 使える男よのう、カルロス。
ま、危険な企みを察知したヴェテラン約二名はさらりとエスケープしたが、それでも9名という大漁の獲物!
いたいけな女子供やその保護者がいるんだから、ヤバそうなのは避けつつ弱い奴だけを集中的にいぢめれば!!
ハイエナお腹イパーイ間違いなしだぜぐふふふふ!!!



c0288736_2228642.jpg
「ダーメだってリンダちゃん!
 そーゆーヤバそうなエモンダとかヤバそうなコルナゴとかヤバそうなRTSとかヤバそうなマドンとかヤバそうなBMCとかみたいな
 危険な猛獣との戦いは避けてひたすら子鹿や子兎ばかりを狙わないと!!」
「ふっざけんなタコが! こんなに旨そうな獲物を並べられて我慢ができるわけねえだろがっ!!
 このアルティメットリンダ様のデビュー戦にふさわしいってモンよ! どっからでもかかってきやがれっ!!」


 あうう、やっぱしそおなっちゃうのね・・・・・・・・



c0288736_23171986.jpg


c0288736_23181051.jpg


c0288736_23182980.jpg


c0288736_23302210.jpg


c0288736_23305030.jpg


c0288736_23312139.jpg


c0288736_23354811.jpg


  後はまあ例によって例のごとしで。 46kmかそこらでもうお腹いっぱいって、どんだけ高強度よw

  イパーイ集まればそれは味見大会ってことでエモンダさんとBMCさんという二大クライムマシンをちょいナメさせていただきました。

  うーむ、なるほど。 いやいやそれぞれになかなかですが。 うへえ、こりゃ世界が変わるね、までのすごさはナイかな?

  逆に言えばルミのクライムポテンシャルは現代の世界一級品と比べてもそう遜色はないというコトかも?

  よしよし、そうしよう、そういうことにしよう。 鉛の舌でも俺の舌。 嫁がイチバンと納得してれば世界は平和だ。

  リンダさんもそれぞれに乗っていただきましたが、面白いのは、デュラの感想がいの一番に出てくるのよねみんな。

  まあアルテさん達にとって興味あるのはデュラだけだ、いう気持ちもわからんではないが。

  まずフレーム、そしてホイールでしょ?って。 コンポなんて優先順位からすりゃ全然下よ。 ただのつなぎだから。

  ウニ・イクラ丼を食べていの一番に酢飯の感想言うグルメリポーターみたいなモン。

  ちなみに皆さん喜んでたデュラの変速性能ってのはあれ、デュラの本領ではございません。 スプロケがカンパだから。

  スプロケもデュラにすると、チャ、チャ、チャチャ、ともっと無機質になんだよね、速くて確実だけど。

  カンパスプロケだと、チャッ!キャン! とビックリマークが付くw  そこがたまらんのよ。

  まあ基本ビックリマーク萌えなんだよね、カンパ好きって。 機械性能より官能性能が優先。 趣味の乗り物だから。

  まあリンダさんはそんなコトお構いなしにあきれるほどにストイック。 だからデュラが似合うのね。

  そしてボーラはやっぱスゲエわ。 平地のアドバンテージはもちろんのこと、坂でもキンキン。 

  基本坂が苦手のリンダでも、ラスト上りスプリントで一発逆転できるんでないか? 的なおっそろしい伸び。

  そんで下りのファイアー感ったらもう!! 鼻血ブーもんでっせ、奥さん。



  ただね。


  デュラがカッコイイ、ボーラがカッコイイ、ってのは誤りですよ、皆さん。


 リンダが、カッコイイのだ。




  
  
[PR]
by denzia | 2016-03-31 11:42 | Comments(2)

静かなる開幕。

3月17日 気温はイイ感じに上がり、本年の開幕(MKシリーズは別枠w)にはこれ以上ないウキウキ状態なのだが。
SAMさんショックが思いの外大きく、ルンルンとは程遠い気分。 それでも転がりださないことには始まらないのが世の常。
当初はいつもの南ニセコで走りに集中しようと思って家を出たのだが、樺立下りて富士が見えたら、ああ、これは羊蹄たっぷりコースだと。
神々しい富士の神威を浴びて、虚ろを埋めんことには、と。 ちきしょうダメージでかいよなあ。



c0288736_2234392.jpg
そんな傷心の癒しのパートナーにはこの方をおいて他になし(まあ別格女神は除いて)
よろしくお願いいたします、さやかさん。



c0288736_2237454.jpg


c0288736_22371846.jpg


c0288736_2237346.jpg


c0288736_22375464.jpg


c0288736_2238760.jpg


c0288736_22383242.jpg


c0288736_223845100.jpg


c0288736_2239323.jpg


c0288736_22393185.jpg



 富士を見て 富士を見て 富士を見て   頭の中に澱んでいたものが次第に晴れ渡り ただただ前を見て踏めるようになるまで

 美しい世界に一際美しく佇み  迷える者を 地平の彼方へといざなう  泥にまみれることも厭わず 尽くしてくれる彼女

 ああそうだ、我が名はバイク乗り 何があろうと 己の限り 前へと進む他 道はない




c0288736_22501943.jpg

 ハートを持つバイク。

   ありがとう、さやか。






       どういたしまして。 

       ま、いつもこのくらい物静かでバカやらなけりゃいいんですが(笑)






   
[PR]
by denzia | 2016-03-17 23:05 | Comments(2)

貴方も先に行ってしまうのですか。


札幌の、北海道のBIKEシーンにおいて、唯一であり孤高の存在であった貴方。

常に自分の楽しめるものを求め、アンテナを張りつづけ、バイクカルチャーの先端を走り続けてきた。

その店はいつ行ってもパッションにあふれ、眺めるだけでお腹いっぱいになり、一介のロード乗りでしかない自分はたいした買い物もできず。

申し訳ないなーと思いながらそのパッションだけをいただいてきて。 何とか次はお付き合いしたいと思いつつ。

先月お邪魔したときも「今の若いのはさ、自転車の色を、一緒にきてるカノジョにどっちがいい?なんて聞くんだぜ?

                ありえないよね? 自分の主張とかないのかよ、って? そんなんで走れるのかよ、飛べるのかよって!」

自らの信じるままに、道を切り拓き、走り続けてきた男。

ローリングストーン。




    SAMさんの冥福をお祈りいたします。






  
[PR]
by denzia | 2016-03-15 09:14

世界一のコンポに官能の余地はあるか?

さて今回リンダちゃんにプレゼントしたシマノ・デュラエース9000、世界一のレーシングコンポーネントであることに異存のある人はいないと思うが、
DENZIさんには似合わないよなー、という意見が。 あの、他ならぬ本人に一番あると思うのだがw
そもそもどーしてこうなっちまったのかというお話をば少々。
いやねえ、リンダちゃんのホイールを色々してみたかったのよ。
8速カンパのラムさん除く他の四人はカンパの10,11の違いはあれどどれも付け替え可能ですからね。
ゾンダ、ジップ404、アンブロクロノ、のむラボ4号、キシリウムエリート、そしてボーラウルトラ2を取っ替え引っ換えできますが、
リンダだけはキシリウムES一択。 さびしいじゃないですか、似合いそうなディープの選択もないだなんて。
そんでまあ、シマノイレブンにしたら何とかなりそうだし。 そのうち何とかしたいなあとはずっと考えてました、が。
6800か9000かはずーっと迷ってたんですねえ。 リンダ嫁入り時から105かデュラだよなーとほざいてましたし。




c0288736_21234097.jpg

いやー、悩ましいですよねえ。 孤高(弧低?)のヘンタイと自称するDENZIさんもこればっかりは普通の皆さんと同じ。
だって倍額ですよ、倍額。 6800だったら2セット買えるんですよ、いらないけど。 
カンパだったらわかりやすい。 コーラスが20、レコードが30、スーレコが40でしょ?
基本設計おんなじで、必要充分がコーラス、必要部分きちんとコストかけたのがレコード、不必要に金かけたのがスーレコ。
でもアルテは10でデュラが20、性能的にはアルテで充分だと云われてるけど別設計で倍額のまるで別物。
それは人生で一度はデュラ使ってみたいでしょ、ローディーとして。
今までも6800なら何度かチャンスはあったんですが、やっぱその時に考えるのは、
「いや、ここでアルテにしたら、デュラは一生なしで終わるよなあ。」
ま、リンダはそんな事よりもどう乗りこなしてやるかのほうがずっと大切だったし。 
あのじゃじゃ馬ちゃんをシートピラーで手なづけることに成功したのはようやく去年のことでしたからね。
あとはアリーシャの嫁入り時だったけど、結局ホイール買えないからって秘蔵のコーラス使っちゃったしね。
んで、去年一年の懸案であったボーラがついに手に入ったワケだから、一番似合うリンダに使ってあげたいのは旦那の甲斐性でしょ。
さあ6800か9000か。 冷静に考えてオイラの使用法なら6800に何の不足も不自由もない。
でもでもでもでも物欲でいえば積極的に6800が欲しいワケではない。
いわば必要に迫られての6800だ、それってカタルシス的にどうなんだ?
だがだがだけれんど。 たかがコンポだし。 同じ金かけるんならホイールやフレームのほうが全然楽しいぜえ。
いや、でも、だが、また、うーむ、んにゃ、ぬうう、ぐおお、ふぎぎぎぎ・・・・・・・
日中の理性の働くうちは6800、んでも残業でぐったりしてくると9000がむくむくと頭をもたげ、
帰って一杯やるころには9000しかないだろ!になり、翌朝起きるとキレイにリセットされて6800に戻る、が延々十数日。



c0288736_21244182.jpg

しかし、この脳内論争にトドメをさしたのが9100系のウワサ。 いやあ、ないよなあ。 9100はないわ。 
9000のリークのときに4アームがカッコワリイ、ありえない、絶対イヤダってさんざん騒いでた奴等とは違うけど、9100はないの。
まあフロントシングルの画像が出たときには既に組み付け終了してたんであれは関係ないけどw
はあ?フロントシングル? ないないないない、無理。 そんな大刻みはありえないもの。
1ケタの上りから70オーバーの下りまでですよ? たった11段で刻めるほど人間がよくできてるなら、そもそも2x8速以上いらないの。
まああれは冗談であろうことはわかるけど、それ以前に現実にやってくるのは何だ? と考えると。
ディスクブレーキ対応。 これはもう絶対でっせ。 
ロードレースで解禁にした今年、一番売りまくりたいブツがデュラグレードで出てこないはずがないでしょ?
エンド幅は当然変わるし、そうなるとキャリパー式だけ130mmってのはどうだろう? あるかあ?
エンドが変わったら今までの機材は全てリセットですからね。 そりゃどうなの? 
だったらいっそ現世代で完結させちまったほうがねえ、あと10年乗るとしても充分ですから。 完結してしまえば、ですが。
秋には新型が出てくるですよ。 そう考えるとですね、今が「純度の高い」レーシングコンポーネントを手に入れる最後のチャンスでしょ。
そう考えちゃったら、ねえ。 完結させないと。 清水ダイブくらいしちゃっちゃうよねえ。 するよねえ。 ねえ。




さてさて。 そんなこんなで手元にやってきた最後の果実、実際に使ってみてどうなのか、だが。
予想はしてました。 どういうモンなのかは。 試乗会なんかでちょろっと使ったりはしたことありますし。
だから6800でいいだろうということも思ってたんですよ。 そうでしょう? いいでしょう? わかるでしょ?
シマノさんがアルテの倍の値札をつけてまで求めたものは、DENZIさんが望むものではありませんですよ。
どちらかっつーとDENZIさんの欲しがるものを徹底的に排除したのがデュラエースだと思うんだけんども。
だからこそストイックなリンダさんに似合うんだけんども。 いや、似合うよねえ。 似合うの。 すごいよねえ。 すごいの。
だって特価77.700円のアルミフレームなのよ、リンダさん。 9000デュラとボーラウルトラ乗せて何ら位負けしてないんだから。



c0288736_2211569.jpg
組む前に、「デュラはいいよお、カンパなんかよりずっと。」と言われたけども。
どこが? と聞くと「変速は速いし、ブレーキは効くし。」と。 いやあ、そんなの当たり前だろ、だから?と思ってました。
オイラが欲しいのは、変速の気持ちよさ、ブレーキの自在さ、だから。 そして、何よりもクランクの官能、だから。
変速? いやー、すごいですねえ。 105と比べてもレバー軽いわ踏んだ瞬間確実に変わってるわ。 でもそれだけ。
あのカンパのギアが跳んだ瞬間の、キィン! とかないの。 チャ。 チャ。 チャチャ、チャ。 変わって当然太郎。
でも当然のことを当然にされて、そこに喜びは? 「変速の喜び?ハン!」 と鼻で笑われるけども。




c0288736_22442657.jpg
ブレーキ? そこまですごいかね? わからんわ、下りでフルブレーキとかも試してはみたが。
ブレーキの良さは極限状態にならんとわからないもん。 「うわ、絶対転ぶ!突っ込む!!」を回避させてくれるコントローラブルさ。
クリアな路面でタイアロックするまで握ったってそんなモンがイイとかの判断材料にはなんないからさ。
だからブレーキの評価ってのは出来ないんだよねー。 肝冷やすまでガマンしてから掛けられないから。



c0288736_2323699.jpg
んでまあ、クランクの官能。 皆さんはコンポーネントでどこを重要視するのかな? やっぱりディレーラーですか? 
そうですね、ほら、完成車がミックスコンポだった時、1グレード上げられてるのはたいていリアディレーラーだもんね。
あそこに105って書いてあるかアルテグラって書いてあるかってのは購買意欲にかなり影響あるんでしょ?
そしてブレーキかな? ミックスではたいてい社外品がついてるけど、訳知りショップが「シマノに変えなさい!」って声高に言う。
もしくは105で乗ってるのにブレーキだけアルテやデュラにする「わかっている」奴等も多い。
でもね、重要なのはクランクでしょ? 変速もブレーキも、クランク踏んでる時間に比べたらずーっと短いもの。
そのクランクの踏み心地がコンポーネントで最も重要なトコなんだと思うんだけんどもね、オイラは。
さてそのデュラ様のクランクは? 
「ああなるほど、やっぱりそうか。」 ですな。
すごいの。 確かにすごいの。 でもすごいんだけど想定内なの。
数字で表すと、105が効率98%だとすると、アルテがたぶん99%で、デュラは99.8%な。
ケタが違うし、世界中で誰もそれ以上の効率を作り得ないんだろうし。 だから世界一なんだけど。
でも、100%は作れないんだよね。 9100が出たら99.9%、その次は99.94% その次は99.97%、99.98%、99.985%・・・・・・・・・
決して100%にはならないの。 人のつくるものだから。
でもね、レコードのクランクは102%だぜ。 踏んだときに、「えっ?!」ってなるから。 「何だこれ?!」って、「嘘だろ?!」ってなるから。
決して100%にはならないという理性の部分を裏切るから、「えっ?!」なんだ。 魔法なんだ。
本当は99%か98%なんだろう。 計測器にかけて測定すればそうなんだろう。 でも。
レコードのカーボンクランクは人を騙してくれる魔法のクランクだ。 もしかして100%を超えてるんじゃないかと夢を見せてくれるんだ。
かけてないのに加速する魔法のクランク、カンパニョーロ・レコードと比べたら、
精度が一桁違うかのような完璧クランク、デュラエースも滋味っちゅうか官能にかけるんだなあ。 
ま、もともとその官能と感じるような部分を徹底的にそぎ落とす思想で進化してきたんだから、
最新のデュラには滋味など皆無で当然なんだよな。



c0288736_2223296.jpg
ほんじゃま、ただただ効率を追い求めたパーフェクト・コンポはヘンタイとは相容れないんでしょうかね?
うーん、それがですねえ。 この組み合わせで本気で踏んだときに光り輝きやがったんですわ。
ご存知リンダさんはリンダシステムとまで言わしめた徹底高効率での機動に全てを捧げた一途スパルタンな気性。
そしてボーラも悪魔の素といってもいい、履けば即ヨメを悪魔に変貌させる、ヴァンパイアーなレーシングホイール。
この二つが協調してオイラのごとき貧脚に本気を求めたら、そりゃ官能なぞとほざく余裕は皆無。
己の全てを差し出して、穴があいたかのように減っていくライフゲージを感じながら、それでもオールアウトまでもがき続けるワケですが。
そんな時、アウター×14,15,16をチャ、チャ、チャと行ったり来たりするのに、一切の無駄がないデュラクオリティの有難味を感じます。
わずか0.3%でさえ無駄にせず前に進む力にしてやりたいと望む時、デュラは初めてそのポテンシャルを有効にできるのでしょう。
全身の細胞全てを前に進むためだけに働かせるとき、ようやっとデュラエースを踏む資格が、意義が見えてくるのでしょう。
精緻を極めたレーシングコンポーネントを、遊びなんぞに使っては罰が当たります。 
遊びを排して本気で踏んで初めて、デュラ様のおわす地平に上がることができるのでしょう。




シマノ・デュラエース9000は、この25年ほどをかけて磨き上げられてきた、
エンド幅130mm、キャリパーブレーキのレーシングコンポーネントの究極の形として、後世に語り継がれる名機となるでしょう。
この規格と共に走ってきた一介のローディーとして、やはり手にせずにはいられない。
50を過ぎたオイラがあとどれだけ走れるかを考えるならば、もうこの規格と心中するもよし、
もし新しい規格に手をだすのならば少なくとも数年後、まったく別のものとして1から始められる。
そう考えるとアルテではなくて無理してでもデュラとしたのは間違いではなかったかと。
さてこの先、このお堅い高嶺の花はオイラごときに心を開いてくれるのか? じっくりとお付き合いしたいと思うのです。
よろしく、デュラエース様。
[PR]
by denzia | 2016-03-12 23:40 | Comments(6)

紅の悪魔。

c0288736_7451785.jpg
三月八日 くもり   一月ぶりのつあーおぶだうんあんだー・MKシリーズ。 
やはり今回も大会非公式テーマソング、一十三十一のメモリーホテルをBGMに、いつもの画を撮ったらあとは海まで下るだけー。



c0288736_7554795.jpg
「いやーしかし、今回はテメエにしちゃありえないくらいのイイ仕事しやがったよなー。
 まー、アレだろ? そこまで貢ぎたくなるほど、アタイの魅力にベタ惚れってこったろ? ワリイなあ、全く罪な女でよー?
 だけどもよお、ホント大丈夫なのか、テメエ? クランクまで硬ったくしちまって、ご老体に踏めるのかねえ?(ニヤニヤ)」




c0288736_8514264.jpg
「ふふーむ。 いやあ、変速点検に駐車場くるりとしただけで、軽くなってるのがわかりますなあ。
 数値的には8.3から7.7と0.6のダイエットですが、操作系の軽さと緻密感がそれ以上を感じさせるねえ。」



c0288736_903150.jpg
「うーし、新生リンダ様の神領域の走りを見せちゃっか! そらもうありがたーいぜい!」



c0288736_9155497.jpg
「うおお、いーですなあ白鳥さん。 リンダちゃんとのツーショットをいただきたいところですが、ちょっと無理かなあ・・・・・・・」



c0288736_9255820.jpg
「そんな遊びはいらねえよ。 本筋の走りこそが全てだからよ! どうよオイ? たーまんねえだろ?」



c0288736_9413285.jpg
「にゅふふ、皆さん9000ばかりが気になってるようですが、このコックピット周りの刷新が大きんですよ。
 イーストンのEC70エアロ、ほんとにエアロですねえ。 上ハンすると前端、ワリと指にやさしくないw」



c0288736_950913.jpg
「なるほどのストレスフリー。 デュラに関しては今度語るとして、今はリンダちゃんを純粋に楽しみたいかなあ、と。」



c0288736_9584573.jpg
「見栄え一発のエアロ効果はともかくとして、カーボンハンドルは正解でしたね。
 重硬安アルミのときはフロント7.5kpa以上入れたら振動で手がしびれっちゃったけど、試しに8.0kpa入れても大丈夫だもん。」





 ・・・・・・・・、さーて、と。 んじゃ、いよいよアレとまいりますために一旦戻りますか。 スイスイーっっと・・・・・・・



     あ。


c0288736_1014091.jpg
「いよお。 いーんだぜ?
 お望みのツーショットとかなんぼでもwww」








c0288736_1015545.jpg
「さていよいよ本番。 夢にまで見たボーラさんとの競演ですが・・・・・」
「だけんどよお、カンパのスプロケだろ? どーすんのよ?」



c0288736_10335525.jpg
「注意点としてはですねえ。 フォーカスのエンドはえらくタイトでアクスルシャフトが入りづらいんで、
 スキュアー外してしっかり奥まで入れてからキュッと締めること。 イヤ~ン053.gif
「ナメたことぬかしてねえでよお。 スプロケが違うのはどーするかってことだろお! 注意点とかはよお!!」
「That’s It !」(それだけだぜ!?)
「は?」(???)





c0288736_10492864.jpg
「えっとですねえ、トップが入らなさげなんで本来ならHI側のエンドストップちょいとゆるめてやればいいかな? 
 そんなワケでローの行き過ぎチェーン外れが恐いんで、ローの使用も控えて。
 あと3~4あたりでちょいとためらいするんでトリムさわるべきかな? いずれも調整しちゃれば問題なさそうだね。」
「ワリと適当なモンなんだな? いいのかよそれでよお・・・・・・」



c0288736_11103637.jpg
「むふふふーん。 この紅いブレードの先で回るカーボンのハブがたーまりませんですなあ・・・・・」
「だーからよお。 そんな網目が見えるような回りじゃ話になんねえだろっ! 本気で踏めえっ!!」
「ういーっす。 ここまでの往路、向かい風ながら尋常ならざるモンはひっしひしと感じてましたからねえ。 復路の追い風6.6km、本気で!」





 独逸の秘めたる赤い狂気が燃え上がり

 伊太利亜のCULTな魔性が迸り

 日の本の精緻なる情念がそれを結ぶ

 一踏みごと路面が頭蓋を突き抜け

 魔界の扉が開き 悪魔が召喚される

 「汝は如何に?」

 この加速のためならば喜んで契るって!

 そう、我が名はBIKE乗り





c0288736_11582140.jpg
 我が魂 君に預けよう 煮るなと焼くなと 好きにするがいい










「いやー食った食った。 多少古びて干からびてても、生き胆はやっぱ旨えやな。
 おっ? さっきの白鳥の叩き売りにゃちょっと引いてたようだが、あれならツーショットとやらも申し分ねえだろ?」





c0288736_1202918.jpg



    ・・・・・・・・・、なんつう引き。 恐るべし紅の悪魔。




c0288736_1210202.jpg

   時空をも捻じ曲げる通力。 悪魔以外の何物でもない。 ピース。






   
[PR]
by denzia | 2016-03-09 12:43 | Comments(2)

春うらら。

いやあ、別に不満があるワケじゃないんだよ。

この三年間、しっかりと仕事してくれたし、いろいろと教わったしね。

でもまあ、三年ともなればねえ、ほら、飽きる、っつうか。

プレイボーイとして名を馳せたDENZIさんだからな。

質実だけが取柄の時代遅れと付き合い続けるってのもなあ。

よりSEXYで魅力的なほうに食指が動いてしまうのはしゃあないべ。

まあ捨てっちまうワケでないから、気が向いたらまた付き合っちゃるさ。

そんじゃハイ、バイバイキーン!








さ。


そんじゃ。








まるっきり
ハゲたのに
ある時
突然
ヅラかぶって
出てきてやるぞ




さすがに
気つかって
触れられないだろ



なんとなぁーく
みんな
黙ってるぞぉ



そのまんまオレ
出続けてやっからな



なんのフォローも
ツッコミも
なく



ハゲてたオレが
突然
ヅラで
出てやっぞお



のっ かっ てる 
みたいなぁ



                                  © 水曜どうでしょう










c0288736_21584484.jpg

ウララ ウララ ウラウララ

ウララ ウララ ウラウラで

ウララ ウララ ウラウラの

この世は 私の ためにある














 
さやうなら5700 

こんにちはヅラエース

いらっしゃーい!







[PR]
by denzia | 2016-03-05 22:26 | Comments(6)

春なのに。

c0288736_2339368.jpg

春なのに お別れですか

春なのに 涙がこぼれます

春なのに 春なのに

ため息 またひとつ



[PR]
by denzia | 2016-03-03 23:42 | Comments(3)


  愛しい妻達(自転車)と     果てしなき愛を交わす、    怒涛の自転車ヘンタイBlog          (↑ここ重要)


by denzia

カテゴリ

全体
プロフィール
ペダリングのゴタク
銀輪採集記

タグ

(33)
(30)
(26)
(22)
(19)
(9)
(8)
(7)
(6)
(4)
(3)
(1)
(1)

以前の記事

2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
more...

最新の記事

クロージング。。。。。
at 2016-11-22 16:38
最終回。
at 2016-11-22 16:03
真夜中は純潔。
at 2016-11-15 11:30
すごくうまいおはなし。
at 2016-11-01 23:56
観楓会。
at 2016-10-23 22:46

お気に入り

検索

記事ランキング

ブログジャンル

自転車・バイク

その他のジャンル