<   2016年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

観楓会。

「ぬぅおわぁっ! 
 大変だリンダちゃーん!!」

「あんだあんだ朝っぱらからニワトリがハムストリング攣らせたみてえな気色悪りい声出しやがって! 
 ルミっ子がちょっとばっかはっちゃこいたってまだ723、首位のアタイの760にゃまだ届いちゃいねえだろ?
 クライマックスシリーズやるっちゅうんだったらさや子と白黒つけてから挑んでこいよ、こちとらケンカは上等だけどもな。」

「いやいや、そんな争いごとではござらぬよ、リンダちゃん。 ふとふと気がついたんだけども。
 今年はまだ深まり行く秋を満喫していなーい! 雪虫がわちゃくちゃと涌きやがって冬が匂う昨今!
 去り行こうとする麗しき秋を! 紅葉レディのリンダちゃんと満喫したーい!!」
「誰が紅葉だ誰が! そんなシケたのはさや子かルナおばんかの枯れ葉系とヤりゃあいいじゃんかよ!
 アタイが出る以上はそんな風情とか醸せるようなヌルいことにはなんねえからな、覚悟しろよっ!!」





c0288736_22542433.jpg
「いやー、先週のルミん時はまだそんなに来てなかったけんど、この一週間で毛無も樺立もグッと色づきましたなあ。」
「おいおい何道の真ん中からやや右よりとかふらふら走ってんだよ、通行のジャマだろが!」



c0288736_23225132.jpg
「だいじょーぶでーす! なぜなら通行がないからでーす!!」
「いったいどこのド田舎走ってやがんでえ!!」



c0288736_23231748.jpg
「えっ、本日のルート? ルスツでっぱつで洞爺から蟠渓、北湯沢で喜茂別してルスツごおるという王道紅葉コースを辿ろうと・・・・・」
「おいおいずいぶんとベタじゃねえか、もしかしてオメ、走ったことねえだろ。」



c0288736_23234579.jpg
「そうでーす、オロフレより向こうは多分チャリでは走ったことありましぇーん。 三階滝のあたりは走ったかもですが記憶の彼方でーす。」
「テメエなんぞ今朝何食ったかすら記憶の彼方だろが。」 



c0288736_23241515.jpg
「本日のリンダちゃんのチャームポイント、三段ロケットブースター風味のテールランプ。 カッコヨス。。」
「大気圏脱出するくらいのスピードが出りゃいいんだけどよ、
何せメーンエンジンがカスだかんなー。」




c0288736_2325550.jpg
「そしてオイラのチャームポイントはラスカル柄。 きのこもあるよん。」
「五十過ぎのジジイと考慮すればよ、充分逮捕されてもおかしくない行状なんだよな。」



c0288736_2326882.jpg


c0288736_23262737.jpg
「洞爺は真っ盛りにはまだ早いカンジだけんども、月浦はさすが。 五分咲きでも美しい。」
「咲きじゃねーだろバカ。 それよりキリキリ走れってーの。」



c0288736_2327966.jpg
「いつものビューポイントも紅葉カラーが入るとまた違う趣が。 よろしおすなー。」
「だからよっ! 停まってばっかいねーで飛ばせっての! マジでヤキ入れるぞっ!!」


c0288736_23272518.jpg
「まあまあそう怒らない! しっかしまあ、SMPはやっぱし気難しいやねー。 セッティングが決まらないと拷問だし、踏み止めるとまた拷問。
 のかわりにハマルとロケッティア。 翌日はもりまんヒリヒリになるけんども、激辛の刺激がヤバですなー」
「キッチリ骨盤立てて乗らなきゃすぐ死亡だもんな。 レーサー養成ギブス的なサドル、アタイにゃお似合いだろ。」



c0288736_23275676.jpg
「しっかしよお、コレ、本当に王道観光コースなのか? さっきから箱しか追い抜いていかねえんだけどよ。 通行がトラック八割超ってどうよ?」
「うーむいつぞやの274を思い出すなあ。 三ケタとはいえ国道ってのはそーゆーモンなんだね。 やっぱしオイラは地味な道道LOVE。」



c0288736_23283218.jpg
「でもほらっ! 道道だとこういう見事なのはなかなかないでしょ。 桜と楓は観る目的で植えられた物の方がわかりやすく綺麗。
 リンダちゃんの綺麗さとシンクロして、たーまんない画になるでしょ!」
「だーっ! こしょばいからそーいう歯が浮くようなのはやめれって! ヌルイのは嫌いだって言ってんだろがっ!!」



c0288736_2328559.jpg
「ほら見たことか! テメエがヌルイことやらかしたせいでAVSが25.1にしかなんなかったじゃねえかよ!
 速さ命のアタイがルミっ子やさや子に負けっちまうたあどういう了見でえ! あークソ、むかつくったらありゃしねえ!!」

「・・・・・・、い、いや、だからねえ・・・・・・ リンダちゃんはしょっぱなから攻めまくるからラストまでもたないんだって! 
 今回だって喜茂別~ルスツ間のラスト10キロでガコンと落っこちたでしょ!
 ONのときのバカっ速さのかわりにOFFった途端に岩みたいに重くなる、ホント極端な性格だもんねー。」
「うっせーよタコ。 ラストまで踏み切れる足になれっていつも言ってっだろが。 遊んでばっかいるからだって。」
「いんやー無理ですね、無理無理。 もし仮に20%のパフォーマンスアップを果たしたとしても、その分でラストまで踏み切ったりはしない。
 序盤から20%アップを使いまくりでラス前はやっぱし売り切れるってのがリンダちゃんとの正しいお付き合いの仕方だとオヂサン思うワケ。」





c0288736_23291153.jpg
 記録を辿ればリンダがお嫁に来たのは2012年の晩秋。 それからほぼ四年が過ぎようとしているのですね。
 とてもじゃないがオレごときにゃ乗れないと打ちのめされてから幾星霜。
 互いに磨きあい、歩み寄り、現在のリンダはあのときに求めていたキラーフレームへと見事に昇華いたしました。
 それはあたかもロードレーサーの真理を求める旅のごとし。 「ちょっとムリめのイイ女」を口説くことの難しさ、楽しさを学びました。

 むかーし昔のこと。 イキってたチョロ男のオイラは、「ふさわしい男になろう」なんてお話を書いたことがあります。
 今のオイラにチネリやコルナゴの鉄フレームが口説けるかどうかはわかりませんがね。
 フォーカスのクレブロを口説ける男になったぜ、とその頃の自分に自慢してやりたいね。 
 
 踏んだペダルは裏切らない。 それが自転車道。


   ピース。




   
[PR]
by denzia | 2016-10-23 22:46

ドラマティック・レイン

「魔女っ娘! キーック!!」
「いでーっ!
 何すんのルミっちゃん!!」

「うーるっさい! 雪の匂いが漂い始めた10月、ふとふと気がつくと!
 どーしてルミの走行距離が
 いっちゃんみぢかいのよっ!!
 ゼータイ許せないっ!!!
 たいくの日は昨日だったけど、
 今日はがっつりたいくしますよっ!
 覚悟なさいっ!!!」




c0288736_2125491.jpg
「もーニセコ道駅からなんて悠長なコト言ってられません! 倶知安からレッツゴーライダーキックですっ!!」
「ち、ちょっとさぶくね? 羊蹄さんも雪化粧なさってますよっ!!」



c0288736_2131389.jpg
「氷点下のMKを思えば、10℃もあれば常夏ハワイ気分でしょ! 寒さなんて情熱でカバーしなさいっ!!」
「ふひーい、スタート時の7℃はさすがにキビ子ちゃんだったが、10℃超えればニッカーは快適範囲だね。 よいよい。
 あ、ゲースネの処理がオイオイだとかは見えてても言わないのが大人というモンでっせ。」
「それよりもそのズールーソックスが気になるんですけども。 やりくつした、んでしょうか?」
「いんやー、いざという時のレッグウォーマー役を狙ったんですが。 まあ出番はなかったけど。」
 


c0288736_21344359.jpg
「冠雪といえば皆さんは富士山の絵にあるギザギザを思い浮かべるんでしょうが、実際の冠雪はこの通り。」
「うっわ、見事に1500mラインより上が氷点下w」



c0288736_21422890.jpg
「ぐひー、たいくの名にふさわしい絞りっぷり。 尋常でないAVSとなっておりますが。
 こんな素敵なロケーションなんですからじーっくりと満喫しましょってば!」
「そー! これだけのロケーションなんですから、手を抜いては失礼! がっつり全力で満喫しないとねっ!!
 それより、なんかどーもさっきからバルブとリム穴のカンカン音が気になるんですけども。」




c0288736_21425959.jpg
「ふひーい、エアが3キロ切るイキオイ、あぶねえあぶねえ。
 ヒヤハヤ、さっきの上りとか重いこと重いこと、オレすっげ弱くなったんでねえかと思たら、なるほどね。」
「ノンキに納得してないの!
 普通こんな山の中でパンクしたりしたら多少なりと不安になるモンでしょうが!
 どちらかっつーと遭難の域に足突っ込んでると思うのですが!!」




c0288736_21432274.jpg
「だいじょぶだいじょぶ! 一気に抜けっちまわないあたりもチューブラーの日点。
 とりあえずポンプアップして、10kmくらい走ってから結論しましょっか、ひゃほーい!!」
「どこまで脳天気。 ある意味ソンケーしますわ。」




c0288736_21433410.jpg
「結論。 さやうなら、そしてありがとう、ヴェロフレックス・クリテリウム。」
「ヴェロフレノーパンク伝説も遂に終焉ですか。」



c0288736_21435910.jpg
「いえいえいえいえ、2014の春に導入してからほぼほぼ3シーズン、この冬での退役と思ってましたからね、充分でしょ。
 よくぞここまで。 えらい! アンタはえらい!!」
「誰が小松の親分さんですか、全く。 スペアのコルサCXさんは21cだけあって転がりはなかなかですけど、
 やっぱり路面のザラザラを拾っちゃいますね。 官能的な転がりの上質さはやっぱりヴェロフレですわん。」




c0288736_21441393.jpg
「尋常ならざる走りのためには尋常ならざる補給が必要。」



c0288736_21443379.jpg
「どのくらい尋常でないかというと、これがパン屑だってんですからw」



c0288736_21445531.jpg
「しかし、ああしかししかし。 乙女心と何とやら。 我が悪運もここまでか。 ダチョウ倶楽部にてカッパのお世話に。」
「ま、全幅の信頼をおけるカッパじゃなくてただの気休めウインドブレーカーですけどね。
 奴さんの待つゴールまであと20kmばかし、カメラも信頼のTG1じゃなくてスマホなのでビニールぐるぐるにて使用禁止、
 オフレコにて厳しい戦いに突入となりそうですわね、覚悟はよろしい? お兄さま?」



「ぐわわーっ!キビ!かーなりキビ!! まずいわこの時期の雨は!
 ルミちゃん、こりゃビュープラで雨宿りして、雨雲レーダー見ながら作戦タイムしない?」
「いけませんわ、ここで停まったら寒さで心が折れます!
 それにもう二時半、三時過ぎてもし寒さと雨のツープラトンが来たらマジで命にかかわりますわん!
 ここは愛の力でハイペースのまま全開アタックするしかありませんわん! ファイトー! いっぱーつ!!」



「ぐっはーっ! マジヤバ! 靴中が濡れて一気に寒さがっ! 心拍160オーバーで体幹の温度維持しないとマジ危険!!」
「さっきの補給時間が命取りだったかもですけどあの補給がないとハンガーでアウト! 諸刃の剣ですわん!
 でもクラシックの雨からすればこんなの小雨! 日勝の下りで喰らった土砂降りに比べれば霧雨!
 昔、八雲から北檜山を攻めたときもこんな氷雨の下りを攻めましたわね。」



「だよなあ、共に走ってきた轍に比べりゃ、こんなのまだまだだぜ!  雨を走る秘訣はペースダウンしない!
 感覚を研ぎ澄まして全開で駆け抜ける! 生命がヒリヒリするカタルシスよ!」
「きゃーんスッテキー、それでこそお兄さまっ!! あとは倶知安町内を抜ければゴール! ここまでのAVS25.3は死守ですわよっ!!」
 



c0288736_21451383.jpg
「えーっ、ドタンバで25.2ィ?
 キーッ、くやしいーっ!!
 こないだのさやかのAVS25.3、
 ノーマルホイールで
 塗り替えてやろうと
 思ったのにーっ!!」

「ぐげげげげ、妙に25.3にこだわると思ったらそこかっ! あのなあ、あのパンクがあってこの数字っていかれてるだろ!
 それに25.2に落ちたのはゴール直前に工事の砂利道で歩いてクリアしたからでしょが!!
 あそこはもう救済措置で集団ゴール扱いだろ? ほら、心なしか空も明るくなってアルカンシェルが・・・・・・」




c0288736_21452948.jpg

しかし。 止んだかに見えたもつかの間、奴さんの中でずぶ濡れをどうこうしてるうちに空は再び暗転、轟々たる土砂降りに。
うっへー、危ねえ危ねえ、ビュープラで一休みなんてしてたらば今頃はコイツを喰らって死亡するトコだったぜ。
愛の魔女っ娘パワーで今回もまたテンコ盛り、ワンツーハイヴを加算して、気がつきゃマイレージ5位から一気にジャンプアップ、
さやかと同率の2位にまで踊り出ました。 首位のリンダが突き放すのか、はたまたルナ、アリーシャが逆転を狙うのか?
高見の見物のラムさんをよそに、我が家のマイレージダービーは終盤のスパートに突入いたします。



やー、カラダもつかなあ、ホント。





   
[PR]
by denzia | 2016-10-14 22:59

DA・シャレオツ・サン。

c0288736_2344375.jpg
バイクと足の接続部たるシューズについては低レベルなりにうるさくあろうとあれこれしているオイラではあるが、
靴下に関してはかなりいいかげんと言おうか、適当なモンを履いております。



c0288736_23582246.jpg
昔はね、P-ルIズミさんとかBイク何ちゃらさんとかの自転車用ソックスをはいていたんですが、あれってほら、お高いじゃないですか。 



c0288736_0372150.jpg
そんなワケでアデダス(?)の三足で一足分のを履いてみたら、あら。 これで全然いいじゃない。



c0288736_23144581.jpg
以来、あれこれと履き散らした挙句、一足100アンダーのモンが主流となっております、ハイw


c0288736_23164495.jpg
ワザとしては、子供用とか婦人物を選ぶことw 足サイズ25.5のオサーンは、紳士物25-27cmなんてえのだとデカくてしゃあない。
23-25cmなんてのを伸ばして履くと靴の中でシワにならないワケ。
履き方は靴に足を入れたあと、口を持ってギュッと引っ張り、バックル締める。 そーすっとシワにならない。
伸び切らすから寿命は縮むが、ほら、どーせ使い捨ててもいいくらいの値段だしね。



c0288736_232515.jpg
おいおいそれで本当にいいのかよ、的な気持ちもあったので、バリッとしたのも買ってみましたよ。
確かに履いたときはビッとしてて、土踏まずあたりのサポートもピキピンと締まり、おお、こりゃいんでない?なカンジ。
だが。 シューズ履いて締めこむとそんなに変わらない。 少なくとも踏んでるときに20倍の値段差を納得させられるほどの良さは感じない。
もーコレ履いたら今までの安物なんてまとめてゴミ箱行きだ!までの差はオイラにゃ感じねえわ。



c0288736_23414391.jpg
そんなワケですんで。 上から下まで機能一辺倒の専用品ばかりになってしまう自転車ウェアの中で、ソックスは洒落で選べるアクセント、俺的には。
普段はやらないビビッドな色やおかしな柄も、このいかれたレーパンやシューズとならごく普通にマッチングするし。
そうなるとレディースのハイセンス(オヤジレベルからすれば相当高いw)なソックスってのはバッチグーなアイテムでっせwww



c0288736_0113037.jpg
オサレーは足元から。 笑いもまた然り。    それではシメに一言を。


「やりくつした感があるね。」


  ・・・・・、COOL 。





   
[PR]
by denzia | 2016-10-08 12:44

アタック No,1

 だけど 涙が出ちゃう 女の子だもん ♪



10月1日土曜日、メガネの日。 仕事を終えて手にしたアイボンに何やら不吉臭プンプンの留守電が。
『明日の寿都ラン、自走者が数名。 アイ川、アイ田、ポンヤ、・・・・・・集合は・・・・・に6時、わかってるね。』
オイオイオイオイちょっと待てよ、俺様は自走なんてまっぴらだと先日申し込みしたときに言ってたハズだぜ。
せっかくキリちゃんと仲良くお手鉄内で(あれ変換がおかしいがまあいいいか)寿都までルンルンとバス旅行のハズだったのに。
これは留守電を入れた社長本人の意思じゃねえな、あの人は基本どーでもいいと思ってるから。
さては俺様がキリちゃんとルンルンするのを快く思わない小悪人の差し金だな、自走組に引きずり込め、という。
いよーしわかった、乗ってやろうじゃねえか、そのあぶない列車に。 そしてこの俺様を引きずり込んだことを後悔させちゃるぜ!


c0288736_2057179.jpg
・・・・・が小樽駅であったと認識できなかったというワナがあったりなかったりですったもんだしたが、稲穂手前でなんとか合流、岩内で休憩。
いやー、人相の悪いのばっかしがよくもこう集まるもんだ。 これにくらべれば俺あたりどーにも善良な小市民だもん。
あ? 奥のがそーでもないだろうって? ばっけやろお、アレが俺とキリちゃんの仲を引き裂いた張本人だか超本人だかだぜ。
腹黒そーうな顔してるだろ? この俺様の逆恨みだとか八つ当たりだとかがどれだけ恐ろしいか、ハッキリ思い知らせっちゃるぜ!!



c0288736_21735100.jpg
まずはこのとんねるずだが、こんなトコで何かやらかすことはない、これまでの基本作戦どおり、ひたすら憑いて楽をすべし。
「あーあ、情けなか男たいねー、丈夫たる者、ドカンと前に出んさいよー!」



c0288736_21212761.jpg
まあそういいなさんな。 大切なのはいかにこの二人に腰の業物を抜かせずになんとなーくエスケープするかだぜ。 
もしも抜かれちゃったら俺あたりもうコンマ二秒で一刀両断だからな。
「そいであんついつい釣られちゃったタイミングだったと? ラス10以上あるのに逃げ切れるワケなかでしょがね。」



c0288736_2122787.jpg
そんでもラス3で潰されるまで延々10を一人逃げだぜ? オヤジ馬鹿アタック、って大ウケしてたけんども、これで敢闘賞は確実。 
だいたいレースじゃないんだから、全てのアタックは馬鹿アタックになるワケ。 だったらあきれる位の馬鹿がイチバン尊いわな。
まあラス前で二人にやられはしたけども、4人の集団を分裂させてやったんだからそれだけで大成功よ。
それに・・・・・・、ゴールがどこかが決められてたワケでないからね。 
ゴールの作開セイコマまでの逃げ切りを成功させて余裕のウイニングランをしてるトコに
二人が歯軋りしながら追いついてきた、ってストーリーはどうだろう? むっふっふ、いいんでない? そーゆーコトにしよーっと!!
「あーあ、ホンマしょんなか男たいねー。 でん、レーサー二人ば勝手に敵に回して必死こいて逃げとる間は
 ウチもなかなか気持ちんよかったばってん、そいで良しにしたげるたい。」




     ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



つうワケで精も根も尽き果てて到着したゆべつの湯。 しかぁし! お家に帰るまでが、でなくて、こっからが本当の遠足らしいしくしくしくしく・・・・・


c0288736_21224290.jpg
えーえーえー、この良くできた青いヨメのおかげで作開までにすーっかり絞りつくされたアタシは只今絶賛売り切れ中。
さあチャンスだみんな! 積年の恨みを晴らすなら今w



c0288736_21225996.jpg
コイツはまだまだいーっぱいキバ残してるんだろーなーと思うと、腹立たしいやらあきれるやら。
しかしこの後の下りはなかなかに楽しかった。 また遊んでおくれ。



c0288736_2123286.jpg
そんなワケで。 本気で乗ると自転車は楽しい。 楽じゃあないけども。 

楽なうちは楽しくなんかないのさ。 つらくてナンボ。 無理してナンボ。 だからこそ価値がある。



     ピース。




   
[PR]
by denzia | 2016-10-04 23:00


  愛しい妻達(自転車)と     果てしなき愛を交わす、    怒涛の自転車ヘンタイBlog          (↑ここ重要)


by denzia

カテゴリ

全体
プロフィール
ペダリングのゴタク
銀輪採集記

タグ

(33)
(30)
(26)
(22)
(19)
(9)
(8)
(7)
(6)
(4)
(3)
(1)
(1)

以前の記事

2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
more...

最新の記事

クロージング。。。。。
at 2016-11-22 16:38
最終回。
at 2016-11-22 16:03
真夜中は純潔。
at 2016-11-15 11:30
すごくうまいおはなし。
at 2016-11-01 23:56
観楓会。
at 2016-10-23 22:46

お気に入り

検索

記事ランキング

ブログジャンル

自転車・バイク

その他のジャンル