タグ:ギャリソン ( 7 ) タグの人気記事

ロードバイクは偉大なり。

ええそうなんですよ豊平のヤミ市に行くつもりでいたんですよアタシは。
ところが。 ところがコレだもん。 三日前にコレだもん。


29日日曜日に男塾オロフレヒルクライムがあります、洞爺湖水の駅に午前10時集合だから来てね。 (原文コピペ)


やはりウノのダンナは恐ろしい。 オイラが飛びつくエサをちゃーんと知っている。 そうそう、ミミズじゃないの、赤虫でもないの、エラコだべさw

むぎゅぎゅぎゅぎゅーと悩み苦しみ悶えること2分45秒、結局、「自転車は走ってナンボ」という持論に逆らうことはできまへん。 無念。

さて無念は無念として、ただルミちゃんと連れ立ってブイブイ言わせたんじゃネタとしてつまらん。
せっかくだからこういうのはどうだろう。



c0288736_0193434.jpg
うーむ、無謀。 オロフレさんは決してぬるいヤマではないのだが。
しかし、オイラ的にはどうしても確かめておきたいトコだったのだ。
かなり走ると思ってるギャリソンだが、実際んトコ、正味の話はどうなのよ、と。 それはやらないとわかんないからさ。




c0288736_0211166.jpg
むむう、いきなり後悔。 塾長はウォーミングアップとか言いながらやや30ペースで引く。 これが実はかなり堪える。 心拍が150から下がらん。 
オロフレ着くまでの20ですでにかなりの戦力低下だもん。 ピンチ。



c0288736_0224824.jpg
オロフレ上り口でか弱い方々を先行させ、塾長とウノ氏と共に追撃組、スタート。
コルナゴ・エクストリームパワーに喰らい付くギャリソンの雄姿はなかなかだが、心拍は既に175。 アタックに反応できる余裕はナッシン。



c0288736_028566.jpg
まあ朝里だってオロフレだって、なんなら十勝岳だって、上るだけなら可能ですけどね(ホントか)
大切なのは本気で踏んだリキがどれだけちゃんと地面に伝わるかってコトだから。 
この差は決して縮まるコトはなく、頂上までには3~5分の屈辱となってしまうのだ。 いかんともしがたし。




c0288736_104777.jpg
頂上ではかなりのぐったりで、画を撮る気力ナシ。 やられてるなあ。 



c0288736_143911.jpg
上は雲が上がってきて寒いばっかりなんで、とっとと暖かい下界に下りましょう。 このとき、先に地獄が待ち受けてることとは・・・・・


ぐへーっ、おっかねーっ! 
50を超えるともう、車体がバランバランになりそうーっ! 
そっから更にシャカリキに踏み倒すと、
踏んだ分がほとんどハンドルを振る力に変換されてるーっ!

帰ってケイデンス計算してみたんだけど、53X12では50で145、55で158、60だと174になるんだもん。
MAX160くらいは踏んでたのか、そりゃ八割がた駆動以外に作用してるべさ。
55以上は回すことすらできなくてガクガクケイレンしながらエアロポジションとるんだけども、これがまた安定しなくてコワイコワイ!
60を超えることはなかったわ、やっぱハンドル位置は重要ですわ。 
そしてコーナーがまたねえ。 恐ろしいとかぢゃないね。 血の気が引くもんなあ。 命削ってるなあ、と感じるもんなあ。
実際下りで心拍が170とかになってるもの、ありえないわ。 ロードバイク、グレイト。
結局下りで精も根も尽き果て、そうべつサムズにはげっぱ着。 ゆるい下りでも40出して走るのは全然ムリなのよ。



c0288736_138168.jpg
もういいでしょ、終了で。 ボクはもうこっから湖畔一周とかいいですから。 水の駅まではバスで輪行しますから。・・・・・、ダメ?



c0288736_140424.jpg
してやったり、と余裕のウノ。 ちきしょー、今度はルミでこてんぱんに・・・・・いや、ギャリソン乗せて走らしちゃろか。



c0288736_145448.jpg


c0288736_1452787.jpg



クールダウンだから、と湖岸残り2/3を25ペースで流す集団。 うむ、確かに25までは問題ないのだが・・・・・

c0288736_1454188.jpg


c0288736_1455579.jpg

30に近づくあたりからつらさが二次曲線的に上がってきて、30を越えるとガツンと限界がくる。
踏んだ力がサスのゴム、車体のたわみで明らかに伝わらなくなる。 そして路面抵抗がシビアに出る。
敷きたてのなめらかアスファルトと古いザラザラアスファルトの転がり抵抗がロードバイクの倍くらい違って感じる。


c0288736_1461280.jpg


c0288736_1463270.jpg

心拍が平地、登坂共に10~20増しくらいでないと同等に走れない。 結果、集団でクルーズしてても俺だけ消耗していく。
一人で走っててはわからないからなあ、ちょうどいいトコまでペースダウンしちゃうから。
ロードと一緒に走って、えらく勉強になりましたよ、疲れたけど。


c0288736_1464869.jpg


c0288736_147658.jpg


c0288736_1472253.jpg

そして、解決策は・・・・・・・、ない。 走りながら、こうだったら、とか、ああならば、とか考えるのは、小径折りたたみ車を否定することばかり。
それはそうだ、ロードバイクは全てに必然があって今の形なんだから。 速く走る為の最良の選択の集大成があの形なんだから。



c0288736_2164053.jpg
ギャリソンはなかなかのモノではあるんだけど、埋められない差はあって当然。 
それがBDだろうがタルタだろうがモールトンだろうが、差が多少であるだけで、超えることはないですよ。
そしてその差がどれくらいなのかがどうしても知りたかったんで、今回の乱入はとっても面白かった。
この経験は今後の方向性に大きく影響するだろうしね。


  何より。 みんなでワイワイ走るのは楽しいに決まってるべさ。




    P.S. 本日。 両親指がメチャメチャ筋肉痛。 あの下りだわ(笑)
[PR]
by denzia | 2013-10-01 02:36

額縁を求めて。

ようやっとこの日のシメ。 おせーよ亀野郎。 



さあさあ。 カタチになったトコで、走らねばバイクは語れない。
んじゃ、せっかくなんで、額縁でも探しに街ポタでもすっか。



c0288736_23262243.jpg
「ただまあ。 この街の額縁は相当なモノでね。 
半端なモノでは額縁に潰されて主役を張れないんだな。 そこんトコ、大丈夫かな、ギャリソン?」


c0288736_2330176.jpg
「ユナイテッド・キングダムの歴史の重みに比べれば、百数十年では足りませんな。
 ナラ・キョートでも持ってらっしゃい。」




c0288736_23331793.jpg
「しかしこのサビの波状攻撃はなかなかですな。 石造りよりも応えますぞ。」




c0288736_23361547.jpg
「コルサレコードw」
「冗談もほどほどにしないと、刺されますぞ。」




c0288736_23421624.jpg
「うおお、額縁が炸裂するぜ! ちょろいバイクじゃ主役を張れないっての、ウソじゃないだろ?」
「しかしまあ、これに正対するには、バイクもさることながら写真機の力量も問われますな。」



c0288736_23454762.jpg
「だーいじょうぶ、まーかせて! Foveon X3 で万全!!」
「まさしくキ〇ガイに刃物。 DENZI様のために作ったような言葉ですな。」



c0288736_23584094.jpg
「ぐひゃひゃひゃ、DP2、おもっしぇー!!
 この、背面液晶じゃどんな画になってるんだかまるで見当がつかず、帰ってPCに落とすまでのお楽しみってのがフィルムカメラみたいだぜ。
 ピント、露出、絞り、手ブレ。 全部ちゃんと気配りしないとお話にならないってのが、写真機、ってカンジ。」



c0288736_07883.jpg
「コンデジ、ではない、小型写真機、ですからな。 腰を据えて撮影する楽しみを思い出したのでは?」



c0288736_0185465.jpg
「そしてまあ、こういう敵が待ち構えてるのがここの街ポタの恐ろしいトコでね。 39T、あって良かった。」
「黙って20%越えがそこここに。 クライマーでなければ街ポタができない所以ですか・・・・・・」



c0288736_0333266.jpg
「こういう悪戯をしたくなるのがヤバチャリとヤバカメの魅力。」
「良い子は真似してはいけません。 ワリイ大人、全開ですな。」





c0288736_0362599.jpg


 良い一日であった。
[PR]
by denzia | 2013-09-23 00:40

つながっててほしいんです。

c0288736_2316159.jpg
 まあこういうモノですが、考えに考えぬかれてコンパクトさに貢献しているのが立派ではありますです。


c0288736_23183075.jpg
 ただこれがこうなのに



c0288736_23205838.jpg
 こっちがこうってのがどうにもやっぱしなあ



c0288736_2323985.jpg
 かといって手持ちのはどうにも魅力がない。



c0288736_23324129.jpg
 そりゃキャンディのほうがフラペ使いもできるから向いてるんだけどさあ、エッグビーターのがカッコイイんだもん



c0288736_23414730.jpg
 きっかりできてるでしょ?



c0288736_23423195.jpg
 カッコイイは何より大事。
[PR]
by denzia | 2013-09-19 08:01

いけませんいけませんいけません。

c0288736_2222235.jpg
 ずっしりとしたお財布対策、到着w 軽量化はバッチリだ。


c0288736_2232591.jpg
 まづはどうにも腰がなくて長距離だと厳しいサドル対策(重いって)
 どーしてもブリティッシュグリーンのサドルが欲しかったの。 で、大枚はたいてB17スペシャルなワケ。



c0288736_22371071.jpg
 大枚ぶんはこの銅メッキと・・・・・



c0288736_22381739.jpg
 職人の息吹を感じる、大鋲の美しさ・・・・・



c0288736_22541162.jpg
 職人の息吹を・・・・・・・・



c0288736_2255386.jpg
 職・・・・・・・・・・・・・・・



c0288736_22553792.jpg
 ・・・・・・、ムラムラムラムラ・・・・・・・



c0288736_22561160.jpg
 がっちん。



c0288736_22581129.jpg
 むふふふふふふふ・・・・・・・



c0288736_2259493.jpg
 満足。
[PR]
by denzia | 2013-09-17 22:59

乾いていてはいけません。

「ギャリソン! 貴様、乾くじゃないかっどーゆーことだっ?」
「はて? 何をいきなり憤っておるのですかな?」
「とぼけるなっ! 走るためには適時な水分補給が不可欠なのを知らないワケではあるまい!
 ボトルケージ一つ付けられないとは、不親切にもほどがある!」
「おやおや? バッグに水筒を忍ばせれば良いだけの話ではありませんか?」
「その、何でもかんでもバッグ主義ってのが気に食わん! 走るのに不必要なモノは極力身に付けないのが僕の主義だ!
 それに、水筒では走りながら飲みにくいじゃないかっ、水分補給のたびにいちいち停まってられるかっ!」
「とは言われましても、この構成ではフレームには付けられませんし。 どうです? トライアスリート風にサドル後部では?」
「んー、ちょっとやりすぎ感があるし、サドルの後ろに腰を引けないとか、不便があんだよな、アレ。 
 ハンドル周りは狭いしなあ・・・・・・いっそ、ステムに付けらんね?」
「でしたら、専門ショップからベルクロで取り付けるようなモノがでておりますからお取り寄せいたしましょうか?」
「うーむ・・・・・・却下! 下手すりゃバッグが買えるような値段だし、だいたいにして取り付け剛性がない!
 ケージがグラグラしていてはボトルの出し入れがしにくいっ! ケージの取り付けはM5ボルト2本一択と昔から決まっているっ!」
「やれやれ、ないモノねだりのワガママにもほどがありますな。 それではいったい、どうしろと?」
「・・・・・・・・・・、ふっふっふ、こーするのだ。」


c0288736_14322187.jpg
「でありゃああああ~っ!」
「あーっ! いきなり何をご無体なっ!」



c0288736_1434366.jpg
「ふっふっふ、開いた開いた。」
「信じられない野蛮さですな。 奥様達が診察台を恐がるワケがわかりました。」
「失敬だな、僕は彼女達をやさしく愛撫する時にしか使ってないぞ?」
「おやおや? トピークの三角木馬とか伺いましたが??」



c0288736_14395351.jpg
「じゃじゃん! これがかのイカ納豆よりもオイシイという・・・・・」
「ダジャレのセンスも最悪。」




c0288736_1443661.jpg
「お待ちなさい! 専用のナットリベッターが必要では?」
「ないものはない。 そこは知恵でカバーだ。」



c0288736_14451776.jpg
「ビシッ!とな。 どーだ文句あるまい。」
「で? これに取り付ける風格あるボトルゲージは?」



c0288736_1447132.jpg
「決まってるじゃないか、ミノウラ・デュラケージ、AB100-4.5だよ。 コイツのよさがわからないようじゃ甘ちゃんだな。
 は? 風格?? コイツはねえ、ラムさんより古株なんだぜ。 購入より二十年近く、歴代のバイクに受け継がれ、今なお問題なく現役。
 そして今、君に継承されるというワケだ。 風格なら十二分だろ?」
「身が引き締まりますな。 よろしい、私が引き継ぎましょう。」



c0288736_1513760.jpg
「いかがですかな、奥様方。」
「んー、いかんなコリャ、バックが豪華すぎ。 視線が後ろにしかいかないもんw」



c0288736_1552573.jpg
「ふっふっふっ、かまいません。 私はあくまで影たる存在ですからな。」
「・・・・・・・、のワリには目立ちすぎだって、クレームも来てんだけどもね、ま、イイか。」
[PR]
by denzia | 2013-09-10 15:09

尻別川堰堤散走記(?)

c0288736_104647.jpg

えっとですね。 ギャリソンのモディファイ計画なんですが。
何やら多方面から過大な期待を寄せられてるようで荷が重いっちゃあ重いんですが。




c0288736_114857.jpg

基本コンセプトが欲しいかなあと。 まあ、「走り」といえばそれで終了なんですが、もっとこう、具体的で妄想がふくらみそうなヤツが。




c0288736_132816.jpg

んで、ピンときたんですよね。 大英帝国が誇るバックヤードビルダーにして稀代のマッドサイエンティト。 
ええ、違うだろ!というツッコミを無視して、あえてマッドサイエンティストと呼ばせていただきます。 

敬愛なる、アンソニー・コーリン・ブルース・チャップマン。



c0288736_194483.jpg

オースティン・セブンをベースに自ら作り上げたレーサーにはじまり、F1までも制すロータス・カーズの創始者。
その先進的で独創的なアイディアによって生み出された車達は、今なお多くの信奉者を持つ。
憧れですよ。 エンゾ・フェラーリよりも、本田宗一郎よりも、コーリン・チャップマンが好きです。



c0288736_12552.jpg

ブロンプトンが生産される頃にはコーリンは既に故人となっておりますが、もし彼が生きていて、引退後を故郷で自適に過ごしていたら・・・・・
その足にブロンプトン・バイシクルがあったなら・・・・・妄想はふくらみますよねえ。



c0288736_1354282.jpg

ロータスのMk.1から2、6、7へと進化するように。 大衆車のフォード・コーティナがロータス・コーティナへと変貌するように。
そんなエスプリが効かせられたら。 ああ、妄想が暴走するぜ。 たまんなく楽しいぜ。



c0288736_1424139.jpg

もちろん、大ナタを振るうような改造はできませんし、ちまちまとした小技が主体でしょうがね。
スペシャルショップのアフターパーツをポン付け、ではない、イジリ道楽を堪能したいのですね。



c0288736_1473325.jpg

そんなワケで、迷ったときの道しるべ。

「チャップマンなら、こうするぜ。」


[PR]
by denzia | 2013-09-09 01:54

ヤバイかもしんない。

c0288736_23264535.jpg
さあさあさあ。
この久保竣公も満足するであろう「みつちりとした匣の中身」が、無敵鋼人に変形してしまうワケなのだがね。
大通りに着いたのは九時半過ぎだったはずなのに、「どういうワケか」約束の11時に遅れること5分。(オイ)
到着と共に「一天にわかに掻き曇り~、ベベン、ベン。」 雷までもが鳴り出すラムさんの大盤振る舞い。
家まで乗って帰る予定だったはずが途端に弱気になり輪行袋をお求めになるという有様。 だいじょぶかいな根性ナシ。
そんでもあれこれレクチャーしていただくこと小一時間、雨脚も弱まり・・・・・、ほぼ・・・・・・


「いよーっし、それじゃ行くぞ、ギャリソン! 目的地は僕の家。 雨をなるべく避けながら、だ。 ナビゲート、頼んだぞ!」
「お任せください、DENZI様。 田舎者のDENZI様は知らないでしょうが、都会の道は戦場です。
 雨上がりですし、危険のないようサイクリングロードなぞで足慣らしをして郊外から小樽を目指しましょう。」




c0288736_23473121.jpg
「うん。 豊平川を右に見ながら郊外へと( ↓ )だな。」
「左様。 豊平川を右に見ながら郊外へと( ↑ )です。」



c0288736_23504594.jpg
「いや、しっかし、快適だな、ギャリソン。 タルタみたいにボビングでビヨンビヨンいったら捨てたくなるけど、
 漕ぎ出しの数踏みこそステムのたわみと相まってグニグニッとするけど、そっからスイーッと直進へと収束してくもんな。
 ぜんっぜんOKなんじゃなーい?」
「それは自転車として当然の立居振る舞いですな。
 ドライジーネからヴェロシペード、ペニーファージングからビチクレット、そしてセーフティへと受け継がれた・・・・・・」




c0288736_23235593.jpg
「あーわかったわかった! 小難しい歴史の講釈はそれくらいで頼むよ!」
「何をおっしゃいますか。 栄光あるユナイテッド・キングダムの一員として、ヒストリーを学ぶことは当然の帰結でしょう。」



c0288736_23285625.jpg
「うううーっ、だがそれよりもだ! 現代を生きる僕としては、どうにも我慢しがたいものがあるんだがな!
 まずこのサドルの位置! 前すぎて話にならん! 
 そしてこのハンドル! ゴリポジだ! 広すぎてワキが締まらない!
 とどめはこのキャスターホイール! 大切なペダリングの回転半径内にこんなモノを置くってのはありえんぞ!!」
「全ての配置には必然があり、思慮がございます。 過去を学ぼうとせず、未来を鑑みようともせず、
 ただただ今の目の前の欲望を満たさんとするばかりでは、人としての深みに達することはできませんぞ。
 それでも構わぬというなら好きなようにやってみるもよろしいでしょう。」




c0288736_2344211.jpg
「・・・・・・、ところでだ。 この川沿いにやってきた郊外ってのがどうもこの、僕の記憶の北区方面と違うんだがな?」
「それはそうでしょう、ここは正真正銘の南区ですからな。 太陽に向かって走っていると、まさかお気づきにならなかったと?」



c0288736_23485399.jpg
「ぐわあああーっ、やっぱか! やっぱりか! どうも春先にひどい目にあったディジャ・ビュのような気がしてたんだが、謀りやがったな!!」



c0288736_23515334.jpg
「まあまあ少し頭をお冷やしなさい。 頭寒足熱は健康の秘訣ですぞ。」



c0288736_23535074.jpg
「あーそーですかそーですかと来たもんだ! どーせそーでしょ? そーゆーオチを望まれていたんでしょ??
 やるから。 ちゃーんとやるから。   ・・・・・・・、しかしなあ・・・・・・・
ギャリソン! 
お前どーゆーギア組んでるのよっ!!」




c0288736_0427.jpg
「は? フロント54のリア16-12でございますが。
 ロー側16t、小径の換算をいたしますと、ごし様の考察を引用させていただくと、34-16T相当となりますな。」

「だからそのギアだ! 高すぎだろが! そりゃ朝里のラストでスプリントスパートかけるときにルミにかけるギア比だっ!
 カンパイレブンの11-25で、真ん中のギアだぞ! もっと言うなら、ケイデンス90なら23.9km/hのギアだっ!
 ケイデンス60でさえ15.9km/h出るんだぞっ! 死んじまうだろが!!」



c0288736_025089.jpg
「これは不可思議な。 私共はこれで何等不具合を感じておりませぬが。」
「だからよっ! どーゆー奴等なんだよそれはよっ!!」
「ではこちらから質問いたしましょう。 英国で思い出す自転車乗りは?」
「うううううーう!・・・・・・・・・・・・・・、クリス・ボードマン・・・・・・・・・」
「然り然り。 他には?」
「ぐぬぬぬぬ!・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・、ブラドレー・ウィギンズ・・・・・・・・・・」
「さあそれではもう一声!!」
「ふぐぐぐぐ!・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・、マーク・カベンディッシュ・・・・・・・・・・・くっそー、はめやがったな!」
「納得いただけたようですな。 それでは頂上へとご案内いたしましょう。」




c0288736_033358.jpg
「さてここからが。 腕の見せ所でしょうな。」
(・・・・・・・・・、いくらなんだって、そりゃねえだろ? 朝里の下り、なめんじゃねえぞ)



c0288736_0353825.jpg
「アンタ一体何者だ? 尋常じゃねえぞこの下りのスタビリティ!
 いくらアップライトで空気抵抗が大きいからロードほど速度乗らないったって、
 つづらの4つ以外ノーブレーキをこなすだなんて、いかれてるって!!」
「紳士の嗜みとして、当然のことですが。 何かご不満でも?」



     ・・・・・・・、恐れ入谷の・・・・・、ね? ラムさんもそう思うでしょ?



[PR]
by denzia | 2013-08-24 00:45


  愛しい妻達(自転車)と     果てしなき愛を交わす、    怒涛の自転車ヘンタイBlog          (↑ここ重要)


by denzia

カテゴリ

全体
プロフィール
ペダリングのゴタク
銀輪採集記

タグ

(33)
(30)
(26)
(22)
(19)
(9)
(8)
(7)
(6)
(4)
(3)
(1)
(1)

以前の記事

2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
more...

最新の記事

クロージング。。。。。
at 2016-11-22 16:38
最終回。
at 2016-11-22 16:03
真夜中は純潔。
at 2016-11-15 11:30
すごくうまいおはなし。
at 2016-11-01 23:56
観楓会。
at 2016-10-23 22:46

お気に入り

検索

記事ランキング

ブログジャンル

自転車・バイク

その他のジャンル