タグ:ネロ ( 19 ) タグの人気記事

コメットさん。

c0288736_23515780.jpg
基本かんぱねうろのDENZIさん、何を血迷ったか島野さんのアレとかコレとかをお買い上げ。 いったい何を企んでるんでしょか?



c0288736_2321122.jpg
ええ、歯車ですよ。 XTの歯とSLXの歯とティアグラの歯ですよ。



c0288736_2327169.jpg
残念ながら診察台に乗せられるのは陛下なんですよ。 患者がヤローだと、お医者さんごっこはとてもつまらないですねえ。



c0288736_23293521.jpg
とっとと歯を入れ替えますよ。



c0288736_23303155.jpg
紆余曲折がありましたが、つきましたよ。 紆余曲折の部分がどーしても知りたい人はどーせいませんね?
万が一参考にしたい人がいましたら、こーこーなワケだからやめとけ、と教えますが。


c0288736_23381572.jpg
さてお次はリアなんですが、朝里の社長に、24と19のギアが欲しいんだけど、10速の。と話したら、「ティアグラのでいんでないの?」 と。


c0288736_2335175.jpg
いやいや社長! これ一体モンじゃないの! バラで欲しいんだって! と言ったら、「リベットばらせばいいべさ。」と。



c0288736_23415136.jpg
ずいぶん簡単に言ってくれるじゃない! と文句言ったら、「普通の人には言わないよ。」だって。 
なんだなんだ、オレが普通じゃないみたいな物言いだなあ。



c0288736_23452396.jpg
「あのさあ。 普通の人はポンチも当てずにいきなりドリルでもんで、斜めにあてながらセンター修正してきれいに頭とばしたりしないから。」
そ、そおなんですか?



c0288736_23485978.jpg
まあね。 ほしい歯が手に入ったから結果オーライってことにしますが。



c0288736_00023.jpg
まあクイクイとアセンブルしまして。



c0288736_01337.jpg
こういう有様になったワケでございます。
何がどうなんだか、という普通の人は、もう少しヘンタイ成分を増やすべきですよ。 コイツはディングルギアと申しまして、
携帯工具一つで二種類のギア比を選択できるまことに便利なモノでして。





c0288736_23511746.jpg
従来陛下のギア比といえば、ノーマルの33/18とオフ用の33/22の選択で、
しかも入れ替えるにはフックレンチでコグ外しーの、チェーン1コマ増やしーのと結構な手間。
これが今回の魔改造によりオン用の36/19とオフ用の32/24をホイールさえ外さずに入れ替えできるんですから。
しかもこれが1漱石をはるかに下回るリーズナブルさで実現できたというのは、1980円で殺人破壊光線砲を作れる成原博士の次くらいにすごい。
一番の懸念であった36Tのチェーンリング逆付けはどうなのよ?問題は、見栄えさえ目をつぶれば、普通に走れますでした。

んー、チェーンにテンションのかからないシングルは気持ちんよかねー。




ん?

タイトルは何なんだって?

やだなあ。

ディングル ディングル コメエトォ さん ♬ に決まってるぢゃないですか(笑)






: 後註 :   後日の走行によりえらい事になってしまったため、元に戻すことになりました。 真似をするとえらい事になります。 やめましょう。
[PR]
by denzia | 2015-11-08 23:52 | Comments(4)

天高く鉄馬肥ゆる秋。

 10月3日、土曜。 スポット天気予報を漁って一番降られずに済みそうだったのはホームの小樽。
 しかしまあ朝里峠食べ放題では身が持ちましぇ~ん。 ここは一つ、天狗様に遊んでいただきましょう。
 だってだって、オイラはいいだけ遊ばれちゃうんだもん、彼に。 そして彼の新妻に!



c0288736_23524461.jpg

 うっきゃー!!



c0288736_12304546.jpg

 おおおう、何という美しさ! んビューちふぉー!! んぃやあー、もお、きょおはこのまま走んないで穴のあくまで眺めて終わりにしましょうや!
 


c0288736_12404434.jpg

 「むほほおう、むほほほおおぅ!! たーまりましぇんなあ、この細部の細部まで美しい別嬪っぷり!
  マスプロの技術と職人の作りこみの両立! 本物こそが持つ静かにみなぎるオーラ!
  まさしく、THE!! ミヤタのプライドが現世に蘇らせた・・・・・・・
  ・・・・・・・・・、ん? その後ろでメラメラと金色に燃えてらっしょる大ボケは・・・・・・・・、げっ!!!」


「・・・・・・・・・、コホン。 えー、ただ今届きましたラム姉さまからの伝言をお伝えいたします。
《 ダーリンっ! ウチという妻がありながらまた他の女に色目を使ってっ! よりによって今度は人妻にっ! 恥を知るっちゃ恥を! 帰ってきたら超弩級の電撃リンチだっちゃーっっっ!!! 》
 ・・・・・・・・、だ、そうです。 でもご安心を、旦那様。  お姉様の手を煩わせるまでもない! 私が必殺クロモリチョップでそのただれた生首を! 腐った胴体とおさらばさせてあげますわっ! お覚悟!!」

「ひぇぇぇええ~~っっ!!!」




c0288736_1455826.jpg
「さっ、さっ、さやちゃん、いやさやかさん、いやいやいやさやか様っ!! 早まっちゃいけない!
 ボクが愛してるのは君だけ、いや君とラム、いやいやいや君とラムとルミとリンダとルナとアリーシャだけだって!
 ・・・・・・・・・、い、今のところ・・・・・・・は、ぁ・・・・・・・」
「・・・・・・・・・、正直者。 私だけだと嘘をついてご機嫌をとってもいいものを。
 しょーがありませんわ、このあと天狗の勝負でミヤタさん相手に勝利をおさめれば! 斬首は保留にしてあげましょう。」




c0288736_1414457.jpg

「勝てるかーっ! あのお方をどなたと心得る! 恐れ多くも・・・・・」
「うるさいっ! ゴタクはいいから死んでもくらいつけっ!
 何がラルプデュエズ! SSTBがナンボのモンじゃいっ!
 ネオコットの本気を見せてやるのよーっ!!」

「でなくて! ヤネ! 純粋にヤネの差ですから!!
 しええええ~っ! いっ、impさん! 武士の情け!! 頼むからもちょっとペースをぉ・・・・・・・・」






    ・・・・・・・・・、えー・・・・・・。 impさんのお情けのおかげで、ワタクシ、こうして今もバカ話を綴っていられます。 感謝。
  


    いやしかし、ミヤタさんもイイ男のトコに嫁いだよなあ。
    ただの盆栽としてではなく、本気で踏んでもらえるんだから。 そしてその走りをイイと感じてもらえるんだから。 
    本気で踏める足と麗しさを感じられる感性の両方を兼ね備えている男のもとに嫁ぐ、女冥利に尽きるよねえ。
    ミヤタは今や10ヶ月待ちの人気だそうだけど、これだけ幸せなミヤタは全国探してもそうそういないんじゃないかなあ、ホント。







c0288736_1428463.jpg

 ささ。 天狗山、秋のクロモリ祭り、第二ラウンド。 お米の国の鉄馬対決。 陛下の前に立ちふさがるのは、27.5の最新クロモリ!
ジェイミス・D・ドラゴンさんです!!

「アカンアカン、アカンがな大将、そんな神の天敵みたいな恐っそろしいのと戦れまっかいな!
 だいたい大将、ついさっき金ピカ姉さんに首筋に刃ァ突き立てられて今やすっからかんの絞りカスやおまへんか。
 そんなんでこの泥グチャの上りが踏めるワケあらへんやろが、ドライでやっとこなのに。
 それに大体、この極楽パッケージまんまってどうゆうコトやねん、オフなめとったらケガしまっせ! 」




c0288736_15162256.jpg
「むんー、おっしゃる通りでした陛下。 アップハンのまんまでは直登はともかくコースん中で小回りがききまっしぇん!
 フロントに荷重がかけらんないもんでまるで乗れやしねえもんな。 反省。 しかし、XCパッケージにしたらばこの戦闘力は負けてなくね?」
「いやー、さっき変わってもらったダンナ、イイ足持ってまんなー! トルクはあるわトラクションのかけかたはうまいわ、大将とは大違いやで。」



c0288736_15442571.jpg
「んにゃ。 ヤネの違いはともかくとして、ドラゴンさんは思ったほど走れるカンジでなかったのがビックリ。
 肝心なトコで妙に跳ねたりズコンと滑ったりでトラクションがかかんねもんな。 
 陛下だったら、うわやっべ、こなくそ!なトコでズリゴゴゴンとタイアが食うもん、たいしたモンだわ。」
「impのダンナもビックリしてましたがな。 ずるい、卑怯だ!まで言うてましたで?
 どやねん大将、ワイの土俵際の底力は? ええ仕事しまっしゃろ?」




c0288736_15593081.jpg

 「いやー、好天の秋空の下、高き天にて鉄三昧。 楽しかったですねー、満足満足。」
 「そーでっか、満足でっか、そら宜しおましたな、もう未練も何もないと。
  あ、帰る前にちゃんと遺書書いとってな。 ワイはimpのダンナんとこで構わしまへんで。
  何せこのあと、朝里方面に超弩級の花火が上がるらしいからねえ、ナンマンダブナンマンダブ・・・・・・・・・」




・・・・・、我が人生に一片の・・・・・
・・・・・・、 いやまだ大アリだって!
       勘弁して~っ!!!



[PR]
by denzia | 2015-10-06 16:40 | Comments(2)

絞りカスな一日。

明けて月曜。 どうせ使い物にならんから稼業はサボリ。
バスのお片づけの手伝いを少々。 そこからたんまりとコーシーブレイク。 んで、ブレーキ不調の陛下をアレさせてもらう。
さて、午後のひと時をどうしましょうか。 昼寝じゃあんまりだし。



c0288736_21523849.jpg
 まずは蕎麦をアレしておこう。 うーん、満足。 しかし、例えばもしこれが長万部で出されたりするとそれはそれで困ると思うが。



c0288736_2155182.jpg
 まったり走れるとこがほとんどないっつうのがこの街の困ったちゃんなとこである。 とりあえずみかんジュースで気分だけでも。



c0288736_2159364.jpg
 高島にてまったりと青と橙のコントラストを楽しむ。 美味。



c0288736_2221564.jpg
 高島にてまったりと錆びと陛下のコントラストを楽し・・・・・・・めない。 陛下、チャラくね? 風情無さすぎ。



c0288736_225488.jpg
 高島にてまったりと激坂を楽し・・・・・・めるかボケェ!!
      殺す気かクラァ!!




c0288736_2283410.jpg
 ちなみに陛下、実はそのナリとギア比からは想像もつかない登坂能力を発揮しちゃったりするのだが・・・・・・・
昨日の今日で出せるかダァホゥ!!



c0288736_22181635.jpg
 人間冷やさないとロクな事になりません。 



c0288736_22265913.jpg
いつものポイントでコラボ。 構図の勝利。



c0288736_2227302.jpg
主のライラックさんを色内に追いやった客人と。 態度Lにも程がある。




c0288736_2227539.jpg
陛下、一発ガツンと言ってやって下さいよ!
「知らんがな。」




c0288736_22281335.jpg
 そんなこんなな休息の日。 なむー。




[PR]
by denzia | 2015-08-26 23:18 | Comments(0)

久々のご謁見。

はいい、久々にお天気のお休みですよお。 どうでしょう、北の湘南で正宗さんとルナさんの嬉し恥ずかしツーショットなぞ・・・・・・・、
・・・・・・・室蘭、10cm。 

まあそおでしょうなあ、冬なんですから。   しゃあない。



c0288736_2094363.jpg
「えー、しゃあないというにはあまりに贅沢な。 ハイ。」



c0288736_20112242.jpg
「いっやー、あんまりに空きすぎで、忘れられてしもたかァ思ったね。 おはようさん、ワシがAKの皇帝、暴君ネロ陛下でっせー!!」



c0288736_2016268.jpg
「いやいやまずまず、今年はすっかりAKさんに拒否られてるようなお天気さん続きでしたがね。
 ようやっと天国に辿り着きましたですなあ。」



c0288736_20272156.jpg
「このトライアングル回りの色合い、けっこオキニなんですわ。」



c0288736_20304153.jpg
「前輪が雪を踏みしめる音と後輪が雪を噛み進む音。 それがこの世界の全て。」



c0288736_20414986.jpg
「本日天気晴朗! 我が領地、よろしおまんなあ・・・・・」




c0288736_20575620.jpg
「天気がいいのは千金の値。」



c0288736_2105170.jpg
「箱庭天国。」



c0288736_215344.jpg
「カルサガ、いーいカンジでござる。」



c0288736_2172780.jpg
「あの向こうの影の、さらに向こうの光。 あそこまで行けることの幸せ。 噛みしめなアカンで。」



c0288736_21131521.jpg
「そんで行き着く先のこの幸福な有様。 天国以外にどう呼べばwww」



c0288736_2119489.jpg
「うーん、ゴージャス。 アタマ悪そうでんなあ。 アホーな旦那にゃあマジお似合いやね。」



c0288736_2126825.jpg
「幸福製造機。 ありえない幸せを生み出す機械。 人類の叡智の結晶ですなあ。」
「どーしてそんなに幸せんなるか、わかりまっか? それはね、あんさんを幸せにする以外のモンが一切付いてないからですのんや。
 やれフェンダーやらキャリアーやらと余計なモンを欲しがるとね、人の幸せというのはかえって逃げていくモンですねんな。」




c0288736_2125910.jpg
「いやー、感涙モノ。」
「風大左ェ門かいな・・・・・・」



c0288736_22174826.jpg
「いよしゃ、本日のぶつかり稽古といこーかい!」
「死んぢゃうって。」



c0288736_22275864.jpg
「いやいや久々のAKやったけども、やっぱしエエもんはエエねえ。
 お天気も終始よろしく、ワシのご尊顔も下々の民にしっかりと見せ付けることがでけたしね。 満足満足。」




     今期、ハイシーズンの一月にズッポシと穴が空いてしまいましたが、あとどんだけ遊べるか? 
     二月もはや中旬。 AKの雪解けは早うございますからな。 さてさて・・・・・・
[PR]
by denzia | 2015-02-11 23:05 | Comments(2)

新春シャンソンショー (x3)

c0288736_9391537.jpg
「さあさあさあっ! 新春を飾るにふさわしいこの青空! もうもうこれは行くしかないでしょっ! 暴君ネロ陛下、遂にAKに降臨っ!!」
「・・・・・・・・・、あのー、昨日行ったけど降りまくりでやられて、ちょろっと走って逃げ帰った、つうのはナイショにしといたほうがええんでっか?」



c0288736_9435181.jpg
「ほんでまたAK入ったらすっかり曇ってしもたちゅうのは今年のシケた運勢を暗示するちゅうこつで・・・・・・・?」
「ええいっ、そーゆー時は神頼みに決まってるではないかっ!!」



c0288736_9473752.jpg
「ラム様っ! 今年もお願-いっ!!」
「去年とまるきしおんなじやんかーっ!!」




c0288736_94958100.jpg
「しかしまあ、去年は3日やったからまだしも、今年は元旦やで? なして人っ子一人おらへんのん? 信心ないんかい??」
「・・・・・・・・、みんな切支丹なんでないかい?」



c0288736_952374.jpg
「とにかく! お参りもしたことだし、後は漕いでりゃ道は拓ける!!」
「いやいやいやいや、道が拓けとるから漕げるのやろがな、雪かきさんに感謝しなはれや。」



c0288736_9565392.jpg
「はいーっ! 元旦からこんなめでたいまねができるのも、雪かきさんのおかげです!感謝感謝感謝感謝!!!」
「いや別にこんな馬鹿まねのために頑張ったんちゃうけどね。」



c0288736_1032759.jpg
「そお~れ下りだ、ブッ飛ばせーっ!!」
「兄やん兄やん、足ぃビターッ止まってまっけど!」
「シングルギア下りに追いつかせるほどのケイデンス持ってねえって、ヒーメヒメ。」



c0288736_1071713.jpg
「おおっ、霊験あらたかラム姉ヤン、さっすがのレスポンス!!」



c0288736_10105212.jpg
「抜けたーっ!!!」



c0288736_1018285.jpg
「マジで神技やね、これは。」



c0288736_10202135.jpg
「それでは神の恩恵にあずかりまっかね!」



c0288736_1021479.jpg
「んんー、たまらん。」



c0288736_10224132.jpg
「ぬっはー! どないせえっちゅうねん!! たまらんわ!!!」



c0288736_10235574.jpg
「今年も贅沢三昧プレミアムロード。」



c0288736_1027156.jpg
「ちょっと兄ヤン、道のまん中で何してまんの?」
「いいだろ別に。 少なくとも一時間以上、一台も通った形跡ないし。」



c0288736_10342946.jpg
「おろ? 何やら、サービスタイムに終わりのヨカーン・・・・・・」



c0288736_1038054.jpg
「のわーっ! 雪球が冷水をダウンヒルしてくるがなーっ!!」




c0288736_10413795.jpg
「霊験、短ッ!!!」



c0288736_1043460.jpg
「いやー、充分充分。 神様、コタツでうたた寝でも始めたんでしょ。 寝かせてやってください。 満足満足。」



c0288736_1051468.jpg
「しっかしまあ、やってることほとんど去年と一緒でんな。 進歩とか成長とかあらへんのん?」
「うむ、これでよいのじゃ。 毎年変わらぬことの幸せ。 さーて、オンセンオンセン・・・・・・・」
「・・・・・・・昨日も入ったばっかやんか・・・・・」
[PR]
by denzia | 2015-01-02 10:58 | Comments(6)

にょきにょき。

c0288736_22554746.jpg
「ふーん、函館ねえ? あの海の向こうに見えるヤツでっか?」
「いや陛下、あれ、雄冬。 まるっきし逆。」


c0288736_2315389.jpg
「ま、そんなはるか彼方は微塵も関係あれへんね。 ほーら、等倍さんのワシやから。AV7.4km/hのカメさんやからね。」
「遠近法で遊ぶなって、ちゃんと32×22でしょ。 もおちょと等倍に近づきたいんだが、ギヤアがございませんのでギリの戦いをば。」



c0288736_2372586.jpg
「ホンマにギリッギリやねえ。 上りのたんびにみっこがはみだしそやないの。 後生やからしかぶらんといてなあ!」
「ふんぎぎぎぎ! 誰だ! シングルMTBだなんてアタマの悪い遊び考えたヤツはあ!!」



c0288736_23223697.jpg
「知りまへんがな。 ええからふんばりなはれて。 腹筋ムキムキになりまっせ!」
「脳溢血のほうが先だと思うんだが・・・・・・・、勘弁してくんない?」



c0288736_23254132.jpg
「ほんでも、何とかかんとかなりますやろ? ワシのポテンシャル、たいしたモンでっしゃろ!」
「ほんとに何とかかんとかなんだがね。 だがリア18Tのときはウルトラ問題外であったのに、変われば変わるモンですなあ。」



c0288736_2332385.jpg
「これでよーやっとマンちゃんとの比較ができるってモンだよね。 陛下はやっぱし29erなんだねえ。
 機敏さはマンちゃん、走破力は陛下。 結果どっちもいい勝負、ってトコかな?」
「何やワシの勝ちやないんかいな?」



c0288736_23134592.jpg
「それは勝ち負けじゃないさ。 二人はかーなり違う乗り物だからねえ。
 26と29、変速機アリとナシ、アルミとクロモリ、Fショートサスとリジットフォーク、Vブレーキとディスク、1998と2014、etc,etc・・・・・
 走らせかたも楽しみかたもまるで別物だよねえ、ホント・・・・・」



c0288736_2320322.jpg
「そらまあ、さやかーはんとリンダーはんがいくら違う言うたかて、所詮は味噌ラーメンと塩ラーメン程度でっからな。
 ジンギスカン定食と刺身定食ほどの違いはおまへんな。」




c0288736_23412297.jpg
「うむむむむ、どっちも食いたいが二品一緒はヤダ。 こうなるとスパゲティオムライスセットも欲しいとこだが・・・・・・・・」
「こらこら誰が27.5のフルサスオールマウンテンやねん。 似合わんからやめときやー!」



c0288736_2355638.jpg
「ちょっとー! 何してけつかんのん!! 三歩さん亡き今、ワシが落っこちても誰も救助してはくれまへんで!!」



c0288736_23553988.jpg
「だってえ、せっかく記念だから・・・・・・
「オドレとケムリだけにせいやドアホ!!!」




c0288736_23582987.jpg
「・・・・・・・、ぜへー、ぜへへー、シャレんならんわアホンダラ! 記念なんぞこんなんで充分や! なでなでして願い事したりぃ!」
「えー、どうかオムスパハンバーグ定食を・・・・・・・
「誰が買わすかボケェ!!!!」



c0288736_04347.jpg
     たのしいマウンテンパーク、近くにありてめでたし。





  
[PR]
by denzia | 2014-09-05 00:17 | Comments(5)

棒っこも二本ともなりゃそりゃもうえらい有様。

c0288736_23154760.jpg
求めていた棒っこがやっと手に入りましてですね。 いったいどうなるかと申しますと・・・・・・・




c0288736_23165228.jpg
こうなるワケです。 そうでございます。 シャンと伸びた背筋ともなりますと、ケツを支えるにはこの位のブツが入用になるというお話です。





c0288736_23195032.jpg
掌、尻と決まれば、当然ココにもこのような配慮があってしかるべきですよね?
コル〇ゴもびっくりのクオドリファリオ、しかもハートマーク(笑)
しかしコイツの真にすごいトコロは・・・・・・・・・ビックリするくらい回転ゴロゴロ(養成ギブスか級 爆)



さてさて、これがどういう姿かと申しますと・・・・・・・



c0288736_23292998.jpg
めたくそカッチョエエ。 イカレポンチオーラが垂れ流しでございますです。


で、実際乗ってがどうなのよ、と。 正味の話が、とね。 これがですねえ・・・・・・・・・



c0288736_2337042.jpg
すっげー笑える。 マジ。 嘘でも誇張でもなく。
実際AK君に試乗させたら、「ガハハハハ・・・・・・」と声出して笑ってたもん。

眉間にシワ寄せて歯ァ食いしばりながら背中丸めて進むのが自転車だと思っておりました。
もちろん今もそれは変わりません。 でも。
踏むだけでガハハと笑える自転車。 旅車でも小径でも長尺でもない、このイカレてイカシタ皇帝陛下が。 
雪道ならともかく、舗装の上では誰にも及ばないと苦悩していた暴君(ハバ)ネロが。

今オイラの胸を激しく打っております。
[PR]
by denzia | 2014-06-16 00:38 | Comments(4)

ダラダラしよう。

本日、連休最終日。 なれど、ヤル気ナシ。 のんびりとチャリでも転がしますか。

さて、のんびり? 何で? 嫁はまあ無理だな。 銀ちゃんも緊迫しっぱなしだな。

ジャリテンは・・・・・嫁級に無理だな。  じゃ、ギャリソン? うーむ、イマイチのんびり感に欠けるんだよな。 小径はチャカチャカしてさ。

ドーンとクルージングしたい気分なんだよなー。 ドーンな奴、ドーンな奴・・・・・・


c0288736_22493448.jpg
「はいはいはい、太陽たっぷりみかんジュースでまいりまっせー! もうね、CCDとかBCAAとかクエン酸がブドウ糖じゃないのんや。
 ほたら、桜の町に花見にまいりまっか!」




c0288736_2302029.jpg
「うーんとねえ。 どーして桜の町はシングルギアにやさしくないのかねえ?」
「そんなん他の町でも一緒やんか小樽やったらどこ走ろうが!」



c0288736_239949.jpg
「ほんでもちゃんと上れまっしゃろ? そんなにヒーヒー泣き入らんでも。」
「不思議にじわっとダンシングでじわっと上るんだよね、心拍上げなくても。 舗装上ではダルな特性が、攻めないようにするとイイのかも?」



c0288736_23162916.jpg
「桜ですなあ・・・・・」
「桜でんなあ・・・・・」



c0288736_23173813.jpg
「ところで何でっかこのふにゃけたエンドバーは?」
「うん、のんびりクルージングにはアップライトなポジションが必須でしょ。
 あのね、親父殿に乗った時の背のピンとした姿勢がいいなあと思ってて。 ならばハンドルを工面するべきかとなると、
 まず仮想ポジションで乗ってみべえかと。 うむ、おおむね良好。 んじゃま、ポチりましょっか。」


c0288736_23351681.jpg
「ほおい! それでは陛下クルーザー化計画の前途を祝しまして! 餅でカンパイ!と!!」
「どの辺りがカンパイなんやねんな・・・・・・不思議なオサーンやねえ・・・・・・」



c0288736_2343547.jpg
「ちょっとちょっと旦那! にわかに雲行きが怪しくなってきましたがな!!」
「しっ、しかし! まだしんこ餅がだねえ・・・・・」



c0288736_23463637.jpg
「アカンアカン、アカンがなー! 雨雲速いがな! クルージングしてるバヤイやないがなー!!」
「結局シャカリキかよー!! んもー!!!!」



c0288736_23575857.jpg

  夏道を走るには、嫁に競合は無理ですし、ジャリの機敏や固定の緊迫にも及ばず。
  ならばクルージングに活路を見出すのも一つの手かと。 夏冬で二つの顔を持つのも引き出しですねえ。
  はてさてうまく行きますやらやら。
[PR]
by denzia | 2014-05-07 00:04 | Comments(4)

pass hunter 。

c0288736_21111290.jpg

(前回までのあらすじ  本日、久々にAKをツッタカターと行進していた暴君ネロ陛下。 しかし、好天のはずがあろうことか突然のホワイトアウト。
   右も左も前も後ろも上も下も判らぬ中、必死でペダルを漕ぎ続けた二人は、時空を超えて別の世界へ・・・・・)



c0288736_21172781.jpg
「うおおおおーっ、こっ、ここはっ! 一体、どこなんだーっっっ!!!」
「・・・・・ちょっとちょっと兄やん、何ですのんそのクサイ小芝居は? 大体その、あらすじってどっから出てきたんでっか、もう!」
「うっわ、へーかってばノリ悪っ! せっかくの凝った演出プランなんだから、もうちょっと話合わせなさいよっ!!」
「何言うとんのや、ワイは大ローマ帝国の皇帝陛下やで、そんなコスイ虚言に付き合ってられるかいな。 
 どーせ皆さんが『あら? 前回って、そんなお話があったかしらん?』とポチポチとアクセスするのを狙ってんのやろ?
 そーゆー欺瞞に満ちた作戦はやめなはれて、みっともない。」




c0288736_21325572.jpg
「いやそのあのその、別にそのアクセスアップのためだけに話を作っているワケではないナリ。
 勝手知ったるいつものところでこのような行為をしてるのが発覚するとまた色々とそのあの・・・・・
 とにかく、ここはどこアタシはだれ? 全ては謎のままという設定なのが実に都合がよろしく・・・・・・・・・・・」
「全く、いい年こいてしょーもないオサーンやな。 それよか、これ、マジで行くつもりなんか?
 どんだけ来たかわからんけど、息も絶え絶え押し歩きやんか、しょーもない。」




c0288736_21394026.jpg
「だってだって、この斜度でこの路面だぜ、無理だってば! タイア跡一本分のシングルトラック外したが最後、ドボンスタックなんだもん!
 ああ、こんな時、ぽっちゃりBIKEだったらなあ。 いやせめてマンちゃんだったら、ファイナルローくるくる作戦で牛歩戦術が使えるんだが・・・・・」
「ヤネが手練れのマウンテンバイカーやったらトラック外さずにしっかり前に進むんやけどね。
 ふらふら挙動不審、貧脚、動悸息切れの三拍子やもんなあ・・・・・・・」




c0288736_21501670.jpg
「いや! お互いないものねだりはやめよう!! とにかくもう、こうなったら意地だけだ! 何としてもテッペンまで!!」
「頼むから乗って進んでんか? 歩いて行かれた日にゃあ、オッサンのカタルシスはともかく、ワシのカタルシスがいっこもあらへんがな。」




c0288736_21545146.jpg
「獲った! 獲ったどー!!」
「んー、まあテッペンやからヨシとしたろかい。 この先100くらいで終点らしき小屋も見えるけんど、やっぱ見つからんほうが得策やろからな。
 さっ、バキューンと下ったるでー!!」




c0288736_21583472.jpg
「オドレ、ホンマへったくそやな。 なんべんスッ転んでんねん。 カダラ壊すでホンマ。」




c0288736_223147.jpg
「ううう、教訓。 上るのがやっとのトコは、下るのもやっとになる。 シングルトラック外したらドボンスタックは下りも一緒。
 下りのドボンは即落車。 おっかねーよー、いでーよー・・・・・・」



c0288736_223361.jpg
「ううい!それでもこの眺めはごほうび! いやーたまらんぜよ!!」



c0288736_22144541.jpg
「そうそう! ワシはねえ、こういう眺めを求めとったのよ! 我が手に収めたこの村を一望できるこういう景色がねえ!!」



c0288736_22174410.jpg
「ふひゅーう、やっと生還でけたがな、もう安心やね。 さーて、行進したろかい。
 ツッタカター ツッタカター ツッタカダッタッ ター
    AKのー みなさん こんにちはー ぼおくん ネーロで ございますー
        ハイ! ツッダカダー ツッダカ・・・・・・・   どーおにも気持ちいくないねえ、こら。」

「うーん、まあ、弥生三月ですからね。 へーかは舗装が出ちゃうとパリパリバリバリと、まあご機嫌麗しゅうない事態に陥りますからねえ。」



c0288736_22223010.jpg
「そんなん君、ワシのせいやないやろアイスパproがあんまりにもちくちくウニウニしとるからやろが!」



c0288736_22314485.jpg
「まあしゃあないですねえ、栄枯盛衰は世の道理。 陛下もこのあたりが引き際かと。」



c0288736_22331061.jpg
「いやいや、何言うてんのや君、乱暴やなあ! ブロックに替えたったら問題ないやん! 
 いやいっそのことスリックとかかましたったら夏道舗装路も全然アリアリやおまへんか!!」




c0288736_22375761.jpg
「やだなあ、陛下ったら。 タイアをスリックしただけでリンダの一途に勝てると? さやかの雅に勝てると? ルミのピュアさに勝てると?
 そしてラムさんの神通力に太刀打ちできるとでも??」  
 


c0288736_22451260.jpg
「ううう、そら勝ち目あらへんがな。 銀兄ぃやジャリにもおよばへんがな。 図体がジャマしてギャリソンはんのような有効活用もしてもらえへんし。 
 しかし来年の冬まで出番ナシ、って悲しすぎやおまへんか、オロロンオロロン・・・・・・」





c0288736_22591541.jpg
「うーん、まあ、陛下は冬のAKあればこその選択だったからなあ・・・・・・
 まあ、夏にも遊べるような方策を、マンちゃん共々考えちゃらないとなあ。
 ただまあ・・・・・・・春夏秋のオンシーズンは、ヨメが第一、その他が第二だからさあ。 第三勢力は厳しいぜえ。
 冬の間は独占使用してもらえるだけでもかなり贅沢な話だってことも忘れないようにね。」




c0288736_22595499.jpg
「で? 何してますのんやて!」
「・・・・・・、いや、やはり斬新な切取りで新たな表現をと・・・・・・・」



c0288736_231084.jpg
「肝心のごはんつぶにピンが来てへんかったらカスやんかっ! ちゃんとアップせいっ! 失礼やろがっ!!」
「だってえ・・・・・カレーを美味そうに撮るなんて、今日の上りくらいむつかしいって!」



c0288736_2353569.jpg
「スイーツだったらまだ何とか・・・・・・・・」
「もっと絞ってイチゴにもピン合わさんかい、へったくそ! 深度くらい基礎の基礎やで!」
「いや、TG1絞りいじれないんですが。 そもそもSS1/8だし。 深雪の15%勾配と一緒で手に負えましぇーん。」






c0288736_23301740.jpg

    極楽も、いつまでも極楽ではございません。 (いや、AK自体は夏道もまたすんばらしいんですが)
    来たるシーズンに向けての土系約二名の活躍も考えてやらねばいけませんですな、困った困った。
[PR]
by denzia | 2014-03-09 22:04 | Comments(4)

AKのアソビカタ。

c0288736_2162861.jpg
はいはいはい、久々のAKでございますよお。 しかしまあ、小樽は晴れてたのにねえ。
毛無を上ったとたんにこれ。 今シーズンはこのパターンが多いねえ。



c0288736_21133066.jpg
しかしねえ、夕べの状態(2/3 23:00 ドリビ前 ドライアスファルト -6℃)にちょっと色気を出して積んできてはみたが、
こりゃ出番なしだねえ、ジャリテン。 ま、後で記念撮影くらいはしちゃるから奴さんでおとなしく留守番してれ。
「全く何考えてんねん二月のAKやぞ? どういう色気やねんな? 見栄え一発で笑い取ろうなんて甘いこと考えんなや!」



c0288736_21252321.jpg
「そーゆーワケですんで、よろしくお願いしますよ陛下!」
「うおおう、久っさしぶりやなあ、張り切って行こうやないのお!」



c0288736_21283851.jpg
「はい、これがハイシーズンのAKの状況でございますです。」
「ぜんぜんファット欲しがらないワケが分かりまんなあ。」



c0288736_21375155.jpg
「このあたりはさすがにファットがええのんちゃうか?」
「でもまあ、スパイクSSで来られてるワケだからなあ。 問題ないよな。」



c0288736_21421863.jpg
「ま、このワイの魅力があれば、そんなモンはいらんちゅうこっちゃね!」



c0288736_21495896.jpg
「ま、このAKのグレイトロードありきですけどね。
 サスペンションもなければ変速機もないというえらく原始的な陛下ではありますが、快楽は溢れんばかりですな。」



c0288736_2204178.jpg
「あやしい空模様やねえ。」
「雪雲の狭間ですな。」



c0288736_2222581.jpg
「そういや、わざわざここに来ようという鬼な人がいるらしいでんな?」



c0288736_2242543.jpg
「どういう計画してるのかね? 銀山~余市で輪行企むのかねえ?」





c0288736_22105813.jpg
「 そら、それだけで30kmになっちまうやおまへんか。 となるとAKは通過だけ? そら、いっこも楽しくないやないでっか。」



c0288736_22164033.jpg
「そのとおり。 AKはぐるぐるしちゃんないとちっとも魅力が出ないからね。
 外周一周でも15kmくらいにはなるからさ、結局全部で50kmくらい走ることになるぜえ。」



c0288736_22181464.jpg
「旅情をからめるには生半可な体力じゃアカンちゅうことやね。 ここはやっぱし、クルマで来て、バキーッとブン回してナンボのトコやないんかなあ。」



c0288736_22242083.jpg
「しかし、今回、ずいぶんとエンドレスでぐるぐるしてない?」



c0288736_22251343.jpg
「いやあ、何せ久々やからねえ。
 前回は1/14で、しかもドカ雪で10kmかそこらしか走ってへんのやもん、今回はもうケチョンケチョンになるまで引き回したるでえ!」




c0288736_22312888.jpg
「ほらね、この道。 こういうのを食べないとさあ。 道道36号から脇に入らないとね。」



c0288736_22415738.jpg
「まあ、旅情の経由地というよりは、バイクリゾート、バイクゲレンデやからね。 ひたすらアタマ悪くもがきまくるのが正しい味わい方やね。」



c0288736_2252476.jpg
「おやおやあ? 何でっかこのへろへろのトラックは?」
「・・・・・・、二時間前に向こうから来たときの跡ですが。 ね。 これが、THE AK ですよ。」



c0288736_22594291.jpg
「だから見えんちゅーとるやんかっ!!」
  「もはや様式美w」



c0288736_23204.jpg
「さあっ! ラストスパートと行こうかねっ!!」



c0288736_23103131.jpg
「うおおおっ! さすがに足に来てるっ! つうか、ハラへってリキがはいんねえよ。」



c0288736_23114960.jpg
「ま、これだけぐるぐるすればハラもへるわな。 ここのお世話になるのもAKを堪能するちゅう意味では・・・・・・」



c0288736_23151874.jpg
「必須。」



     たっぷり堪能コース



c0288736_2330519.jpg
「そして皇帝陛下、堂々のしばれっぷり。」
「こればっかりは何とかならへんのんかいな・・・・・・・」
[PR]
by denzia | 2014-02-04 23:34 | Comments(4)


  愛しい妻達(自転車)と     果てしなき愛を交わす、    怒涛の自転車ヘンタイBlog          (↑ここ重要)


by denzia

カテゴリ

全体
プロフィール
ペダリングのゴタク
銀輪採集記

タグ

(33)
(30)
(26)
(22)
(19)
(9)
(8)
(7)
(6)
(4)
(3)
(1)
(1)

以前の記事

2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
more...

最新の記事

クロージング。。。。。
at 2016-11-22 16:38
最終回。
at 2016-11-22 16:03
真夜中は純潔。
at 2016-11-15 11:30
すごくうまいおはなし。
at 2016-11-01 23:56
観楓会。
at 2016-10-23 22:46

お気に入り

最新のコメント

題名が…差別的
by 題名が…差別的 at 23:08
うーん、雨の下りのリムブ..
by うんちくう太郎 at 20:49
こんばんは、師匠。 自..
by DENZI at 23:04
朧月夜のデート粋ですねー..
by スーパーレコード at 17:33
あざす! あざす、7SA..
by DENZI at 23:00
いってきました。 しか..
by 007 at 19:55
運動のあとのたんぱく質は..
by DENZI at 12:09
おおう、行ってくれました..
by DENZI at 11:58
ピラティス終了後に良いか..
by メルカトーネ・ウノ at 22:23
行ってきた。 旨かった..
by 〇〇超 at 09:26

検索

記事ランキング

ブログジャンル

自転車・バイク