タグ:Tour of KAMUI ( 4 ) タグの人気記事

満漢全席。

「でああああーっっ!!
 グッ、グラブがああーーっっっ!!!」



時に6月30日AM5時20分、道の駅ルスツ駐車場。 いわゆる手遅れ。


 そして、更に不幸は続く。


「ごわあああーっっ!!
 スペアっ!ツールバッグがああ!!」

「人間、やめたら?(怒)」

 時にAM5時50分、ルスツリゾート駐車場。 ますます手遅(以下略)



c0288736_12344088.jpg
 とゆうワケで、どおにもアホ丸出しなとっからカムイさんはスタートするコトになった。
 ルミちゃんはこんなにカンペキなのだが。 しかしツールポーチに入ってるのはウインドブレーカーだけ。
 あとはさやちゃんに借りてきたコンチ・コンペの耐パンク能力の高さ頼みとなる特攻アタックだ。



c0288736_12442712.jpg
 いいのだろうか、掌が下心とか手が語るとかさんざ吹いてきた挙句がこれで。 
 しかし、見た目がアレなのを無視すると、この現場指きり改インナーグローブはびっくりするくらい問題なかった。
 いんだべかそれで?



c0288736_12514022.jpg
 しかし悪いことばかりではない。 心強き盟友登場。
 今思えば彼に「一緒に不幸になりましょう。」と迷惑メールを送ったのが今回の最大の勝因だったのだ。



c0288736_1953882.jpg
 アバウトな説明をアバウトに聞いてアバウトに出発。 六時開始の受付がやや六時半になったのは呑みすぎで寝坊の様子。
 なるほど、次回はもっとアバウトに来よう。



c0288736_1958771.jpg
 まずはのんびりとCP1、そして羊蹄周回。 しかしみんなえらくのんびりムード。 坂が始まるまでは暖機を決め込んでるよう。
 ルミちゃんは転がりが軽いの介なので下りはしばしばオカマを掘りそう(ちゅうかそこは蟹光線とコンチコンペの実力か)



c0288736_20204079.jpg
 盟友はピターリとマークして余裕の表情。 ううむ、この先、京極手前の下り区間で気分良くスピードに酔えなかったりしたらツマランなあ。



c0288736_20234152.jpg
 そおゆう時の選択肢は一つ。 ♪ 逃げたら アカン逃げたら ほぉみ たいっ おおさっ かべい ぶるぅ ♪ 



c0288736_20271474.jpg
 ああやっぱしアタシはダメ人間。 後先よりも一時の快楽が大事。




c0288736_20372555.jpg
 まあ京極で吸収されんだけども、大切なのはアピール。 「ああ、アイツお調子者だな。」と皆様に了承していただくのが大事。
 さて、いよいよ上り。 お手並み拝見ですな。



c0288736_2029644.jpg
 ガイドライダーの石塚さんはダンシング好きですな。 ちょっと加速したい時もピッとケツが浮いてコココココン!と小気味良く出て行く。
 他の方々は・・・・・ほおほお。 あらら。 ふむふむ。 うーむ。 とかケツの品定めをしてると(マジ変態)
 リュックサックがするするっと。 出ました、坂バカimpさん。 やめられない止まらない。 あっという間に離れてく。
 他の皆さんも「何だあのリュックは!」と驚愕してたことでしょう。 



c0288736_20494823.jpg
 何とか一度だけ追いすがるも、「いやですねー、やっぱり潰し合いw」とニッコリ笑うと、
 更にギア上げてスコーンと逃げ切り、見事にKOM。 いやいやもうかなわんわホンマ。 やっぱ遊ばれちった。



c0288736_2055910.jpg
 下りの集団走行は苦手なの。 前が遅いとつまってイラつくし、あんまりないが速いと離されまいとして意地はって足使うから。
 どうにも自分勝手なオイラ。 で、impさんと二人、こそっとエスケープ。 そのパターンでラストまで。
 そのあたり彼は万全だからね。 速いもの下りコーナー、ストレス感じないもの、多少足使うくらいだものお。



c0288736_21154579.jpg
 神仙沼CPで大切なコトは、本間さんの餅を補給するコトです。 すっごく大切。
 <人はなぜヤマに上るのか? そこに餅があるからだ。>



c0288736_2120248.jpg
 ダイナミックに下る下る!
「impさん、ステキーっっ!!」



c0288736_2124914.jpg
 はいちょっと休憩。 しかしルミやスパ6ちゃんを決してあのケダモノ共に近づけてはならない。



c0288736_2126971.jpg
「ひゅうひゅうー、ハクいスケじゃーん!
 チューさせろ、チューさせろよおー!!」


  馬鹿野郎!誰がキサマらなんぞに!!




c0288736_21305261.jpg
 そして真狩CPにはカムイさんの刺客が我々を待ちうけていた。 その名も、 一ふじ 様。
 どーですこのボリューム! マスカットゼリーなんかじゃウインザーは倒せませんよお! とばかりに・・・・・・
 健康な消化器なくして勝利なし。 敗者は去れ。



c0288736_21574716.jpg
 メチャクチャ敗者(涙) impさんに引っ張ってもらってほうほうのていでここまでたどり着くも、あのテッペンに直登だとお? 
 何にも残ってないんですけど骨だけなんですけど。  ああ、やっぱアレ? 根性? そう、昭和の爺に残されたのは根性だけなのだ。



c0288736_22121118.jpg
 さあいよいよ天国に一番近い道だ。 もうね。 あれもこれもと欲張りません。 足をつかない。 上まで。 以上。



c0288736_2253634.jpg
 天国。 羊蹄山見るならバルコニーで。 タイムリー。



c0288736_22585226.jpg
 ごほうびは大切。 何せアタシはパブロフの犬。



c0288736_20222647.jpg
 あとはもうね、ずるべたーんと洞爺に下って、ほわほわ~んと武四郎を上ってだ。 で。 このデザートがえらく脂っこい。
 何つうかね、フルーツシャーベットの上にゼラチン状のハーブ豚の背脂をてんこ盛りにしたような・・・・
 体力的にはウインザー手前よりはまだマシ気味だが、足は絶賛終了中。
 一ふじさんと共に投入したメイタンさんのおかげでウインザー途中で破滅はなかったのだが、ここにきていよいよ! いよいよ攣りバカが!
 マグネシウムが足りないのーお。 ピナレロ・ドグマでもかじっちゃろうか。
 もう燃え尽きる寸前のローソク状態で、それでも下りで一発かます。アウトからimpさんオーバーテイクして、その後の右コーナーがこれが!
 いっやーシビレたぜい! レコード様のブレーキが遂にその封印を解いたねえ! コンマ一秒のエクスタシーやねえ!
 ローズマリーバトラーも熱唱だものお! その後の上りでパンターニダンシングかました挙句、攣りバカ日誌で抜き返されてもいいんだもん。
 ゴールの駐車場の上りでカンペキに攣りバカしてルミちゃんから降りれなかったのも本望だもん。



c0288736_22324627.jpg
 到着 PM5:42 所要時間10:03 エクストリーム17名のうち、4番手と5番手でした、チーム温泉タオルは。 (4位と5位ではないぞよ念のため)

 これでもかと言うくらい出し尽くしましたねえ。 ゴール後の画なんてこれ一枚だけだからねw


 中盤からラストまで、ずーっとペース作って引いてくれたimpさんに感謝。
 
 参加のきっかけをくれたごしさんに感謝。

 一緒に走ってくれた皆さんに感謝。

 そして、イイ感じのユルくてキツいイベントを作ってくれた Tour of KAMUI の実行委員の皆さんに感謝。




 何より、ここまで俺を走らせてくれたルミちゃんに・・・・・・感謝じゃないな。

  愛してるぜ。





 
[PR]
by denzia | 2013-07-03 23:05 | Comments(7)

ありったけの愛だけで。

「おにーさまっ!
 TOUR OF KAMUI さんから
 このルミに参加要請が
 来たんですってっ!!」

「なっ、何をねぼけちゃってるんだルミちゃん・・・・・」
「そーねーそーよねー、後志の山岳にひっそりと咲く可憐なエーデルワイス、
 ルミのことを、見ている人はちゃんと見てるのよねー。
 さすがカムイミンタラの人々は見る目がありますわん!
 ならばこの大会に美しき花を添えるべく、
 ルミもせーいっぱいガムバっちゃおっと!!」

「・・・・・あのー、人の話、聞いてる? どこの世界にただのオサーンに参加要請が来るっちゅうのよ。 申し込みはこっちからしたの!
 それにミンタラ関係ないから。 ありゃ大雪山系だからさ、語感だけで適当に追加すると怒られるよ。
 そして、申し込んだのがヘンタイだとばれたら断られるからこそっとやってちょうだいね。
 あと、参加で希望があったのはルミちゃんじゃなくてさやかさんなんだけど。」
「え”-、なんでー! なんでルミじゃなくてさやかなのよー、ぶーぶー! 山といったらルミに決まってるじゃないのよ!
 あんなキンキラだけの重い娘ちゃんに2700mもの坂を上れるワケないじゃない!
 パノラマさんで使い果たして惰性で着いたウインザー城でかぼちゃの馬車ごと転げ落ちるのが関の山ですわん!!」

「あーらずいぶんね、人のことを悪し様に・・・・・。 たいくだけがとりえの人気ナイ子ちゃんがあまりにも哀れだから、
 多少は花を持たせてあげようかと思ってたんだけど、そんな言われようをされちゃあハイハイとは譲れないわねえ。
 ぜひにとお呼ばれしてるのは私なんだし、ここはひとつ170kmの長丁場をじっくりと味わうのも悪くないかしら・・・・・・」

「ちょーっと待ったあ! このバカみたいな坂ざんまいコースだから坂バカぺったんこにお似合いだろうと一歩引いてやってたんだがなあ!
 貧乳ごときが出るとかほざいてるんならアタシのほうがずーっとイイ仕事するぜえ!
 後半試走とかチンケなこと言わねえで、バキンと通しで闘らせてもらおうじゃねえか!!」

「うるっさいわねえ、事あるごとに人のことを貧乳呼ばわりしないでよ、この牛女!
 だいたいねえ、あなたのグラマーなんて見せかけだけじゃないのよ、カチンコチンの筋肉質のくせに!
 その胸だって全部白筋でできてるんでしょ、このアデノシン三リン酸! あなたこそ羊蹄周回で既に売り切れて
 五色温泉ドボンが関の山ですわ! 『全開以外はチャリじゃねーよ』とか調子に乗ってる直情径行女にロングを走る資格はありませんわ!」

「あんだとお!!」「何よっ!!」「出しゃばんないでよっ!!」



「あ、あのー・・・・・長文時間食いまくるんでそろそろ裁定をお願いできますか、ラムさーん。」
「え”-、何でウチがー? ウチは式守伊之助じゃないっちゃ、ダーリンが選べばいいっちゃよ。」
「だってえ、この展開では誰にしたところで他の二人にサンドイッチラリアットを食らうのは火を見るより明らかだもん!
 お願いしますよー、ここをまとめられるのはラムさんをおいて他にナシなんですから~!」
「ルミよー!」「アタシだっ!」「私ですってばっ!」


「・・・・・しょーがないっちゃねー、まったく。 それでは決定します。  カムイさんに参戦するのは・・・・・・・・・・・・・・・ウチemoticon-0152-heart.gif





「うっそぴょ~んemoticon-0152-heart.gifemoticon-0152-heart.gifemoticon-0152-heart.gif
 なしてウチがそんな荒仕事をこなさなきゃならないっちゃ? いくらダーリンのやられ顔が好きったって、限度というものがあるっちゃ。
 ここはねえ、順当に行ってルミでしょ? さやかもリンダももっとお似合いのステージがあるでしょ?
 そういうコトでルミに決定。 いいっちゃね? ただし、ひとつ条件があるっちゃ。
 本日のデートで、さやかとリンダが納得するだけのものを見せること。 できないようなら・・・・・ウチが出ちゃおうかなーっ?」

「わっかりましたーっ!
 ルミ、いきまーす!!」

「鬼ーっ!!!」



c0288736_846427.jpg
「やっぱこっからスタートですか?」
「そっ! まあ花園までのここはヒルクラコースの一本隣なだけでたいして変わらないんだけど、気分ですからねっ。」



c0288736_852186.jpg
「ほいっ、ワイスからの上りが第一関門ですなあ。」
「あんまし心拍上げすぎないでね、まだまだ前菜なんですから。」



c0288736_8551343.jpg
「森林帯越えてラスのなだらか区間ですが・・・・・・・ルミちゃん、えらく足残ってね?」
「アルティメットウェポンの効果、絶大でしょ? 大枚はたいた価値がありますわん!」
「・・・・・・・・、かかってないクランク、かあ・・・・・・・・」



c0288736_923147.jpg
「う”お”お”お”~!!
 みづだあ、みづをくでぇぇ~!!」

「ごめんなさい力石くん、でも今の体に冷たい水は毒なのよ。 さ、ここに白湯があります、これを・・・・・・」
「う”う”う”~、葉子お嬢さんん~。 この白湯、えらく硫黄すっぱいぃ・・・・・・」



c0288736_99441.jpg
「さーって、芝オケも楽しんだし、続きとまいりましょうぞ!」
「オメ絶対昭和バイクだろ。」



c0288736_9114312.jpg

 「あ”-っ、パノがああーっ!
 ひどい、ひどいわ!
 これはルミのプリマを妬む、
 あのイジワルな二人の陰謀ね!
 でもルミ、負けないモン!
 新見がイケるのは知ってるモン!」

「でええええ~っ! そんなろくでもない情報、いったいどこから・・・・・!
 鬼か! あの鬼からだなっっ!!」




c0288736_919159.jpg
「・・・・・本格的に水をくれえ、なんだが。」
「自販機だけ借りましょっか。」



c0288736_9224423.jpg
「しっかし、新見ってばたまらんな。 美しい残雪と新緑のハイキーな輝き! そこに初々しいペタンコちゃん!!」
「・・・・・・・・・、これで脂っこいヤネがいなけりゃサイコーなんですけど。」



c0288736_9272978.jpg
「ほんでパノ下って裏パノはいいんだが、神仙沼のだんご娘なしではさすがにハラがへったぞこりゃ。」



c0288736_930413.jpg
「それでは仮想ウインザーの前にしっかり補給とまいりますか。」



c0288736_9305130.jpg
「うう~ん、滋味。 いい仕事してはるわあ。」



c0288736_934698.jpg
「ささっ、ではその仮想ちゃんをやっつけますよっ! まあ最大で12~13%のヌルイ坂ですけどねっ!」



c0288736_936162.jpg
「うおおおお、十二分にキツイってば! そんでもじっくりなら行けちゃうのがクランクパワーなのねん。」



c0288736_9512029.jpg
「どへへへ~、あとちょい、ちょちょいで終了だあ・・・・・」
(ああ、よくやったわ、お兄さま。 たかだか75kmとはいえ、ここまで1900mを上る坂バカっぷり、たいしたモンですわん。
 本当ならこの胸にぎゅっと抱きしめて、めんこめんこと頭をなでなでして、くちゃいから温泉浸かってきなさいと言ってあげたい!
 でもでも! それでは一歩先には進めませんわ、ここは鬼にならなければ!
 こんなにプリティなルミだから、お姉さまのように体が鬼にはなれないけれど、せめて心だけでも鬼に!
 ああ、でもでも、「この程度で死んでないでもう一山もがくっちゃーっ!!」なんて鬼全開なセリフはやさしいルミにはとうてい・・・・・)




c0288736_1071073.jpg
「きゃーんスッテキー、お兄さまーっ!
 えっとおっ、そんなたくましいお兄さまに、ルミがごほうびを!
 ニセコフロマージュのチーズソフトをプレゼントぉ!!」




c0288736_10122456.jpg
「いらねーっ!
 ソフトならふじいさんで万全だ!
 スプラウトで食うんだっ!!」




c0288736_10164611.jpg
「残念でした、火曜日はお休みですわよん。 これは何がなんでもフロマージュまで行ってもらわないと! ゴーゴーっ!!」
「悪魔ーっ!!」



c0288736_1022389.jpg
「いーから行け行けっ! 踏むっちゃーっ!!」



c0288736_10233012.jpg
「どわわわわーっ! 何じゃコレは! 2000も上がってきてこのリキの出ようは!
 そしてフルパワーで踏んだら脳裏に山頂の境界線が閃くっつうのはどういうカラクリだーっ!!」



c0288736_1028212.jpg
「おーっほっほっ! これよ! これが魔性のレーシングコンポーネントの本領よ!
 何のために今までの上りで足を残しておいてあげたと思ってるの? ダメージ残さずに終わらすため? バカ言わないで!
 すべてはこのゴール前に燃やし尽くすため! とうとうRecordの蓋を開けたわねーっ!!!」




「おっ、おいっ! どーなってんだあのバカは! アリなのかここにきてこのスピード!!」
「たっ、タイムがっ! ワイスから山頂までのタイムがっ! 抑えたとはいえサラ足の一本目からプラ一分半って・・・・・正気?」



c0288736_2213399.jpg
「,ささ、力石くん、白湯を・・・・・」
「・・・・・矢吹くんスけど。 真っ白な灰っスけど。」



c0288736_2252422.jpg
「しかし恐るべきは魔性のコンポーネント。 ラス直前はさすがに多少タレたが、そこまでのリキの出方はアレ、異常だぜ絶対。
 いったいどーゆー仕組みになってんだ? ゲッター線でも出てんじゃね??」



c0288736_22112394.jpg
「何をおっしゃいますやら。 めらめらと燃える愛の炎でお湯を沸かし、水蒸気の圧力でクランクを回し、しゅっぽっぽと走るのですわん!
 全てが燃え尽きて、残るは真っ白な灰だけ。 やっぱりお兄さまも、ルミへの愛だけで出来てたんですねっ!!」




c0288736_22151254.jpg
「はいっクールダウン。 ルミからのごほうびですわん!」



c0288736_22172653.jpg
「しかしこのクールダウンが地味ーにチョイ上りを加算する仕組みになってっから恐いんだよお。 
 ユーレイに推進力はないってのにさあ。 いったいどんだけやらされたのやらやら・・・・・・」




c0288736_22514573.jpg

   「マジありえねーっ!!」
   「・・・・・バカップル全開ね。」




  ~ というワケで、ルミちゃんは堂々と出場権を手に入れたのでした。 めでたしめでたし。 ~
[PR]
by denzia | 2013-06-05 23:52 | Comments(2)

天国に一番近い道。

さてさて。 勢いでエントリーしちゃったカムイさんであるが、改めて見て見ると、かーなりつらい。
札幌大会に参加したGossyさんのblog、「孤独のBicycle」によると、最大の難関は「迷子」だそうだ。
当日渡されるのは地図だけというシビアさで、これかよ!な狭い道に次々と入らされるようで、170kmの距離を考えるとワンミスが命取りだわな。
オイラ的には前半部はもうご存知のニセコですから問題ないけども、後半の洞爺~ルスツは不安ですなあ。
特にウワサのウインザーの激坂とやらも登場することだしね、試走はしときたいよなあ。
ルートラボにコースを入力して、スマホで見れるようにして、真狩の道の駅出発でれっつご。
本日のデートのお供は、久々のリンダちゃんでっす。


c0288736_22581779.jpg
「はああ~い、リンダ、でええっす! 今日はあ、DENZIちゃまと久々のデートってことでえ、もおドッキドキ! きゃは!!」
「・・・・・・・・・・・・、あのー。 気持ちはうれしいんだけどさあ、やめようよ。 似合わないってばすっごく。」


c0288736_2325354.jpg
「なっ、何だよお! 元はといえばテメエのせいだろうがよ! いくらあのゴーモンの末とは言え、約束しちまった以上は二言はねえよ!
 毎晩毎晩血の滲むような特訓の末、やっとここまでこぎつけたってのに、似合わないとは何だよお!!」

「うーん、どこまでも生真面目なんだよね、そこがリンダちゃんのかわいいトコなんだけどね。
 それにオイラはかわいく振舞うようにゴーモンなんてしてないでしょ?
 あくまで大好きなお医者さんごっこをエンジョイしてただけなんだけどなあ・・・・・」



c0288736_23125663.jpg
「だからそういう根っからの変態っぷりがイヤだっつってんだよ! だいたい何だよこの画は何コンニチワさせてんだよ!
 どっからどう見ても公然ワイセツじゃねーかよっ!!」

「うーむ。 いけないねえ楽しく自転車に乗ってるの図ぢゃないの。 ワイセツに見えるのはキミの心にそおゆう邪念があるからなんだね。」



c0288736_2326385.jpg
「いやもういいわ変態論争続けてたらキリがねえもん。 それより今日はどういうルートなんでえ? ちゃんと闘り応えはあるんだろうな?」
「うん、カムイさんの後半を押さえとこうコース。 もっこりから豊浦へどんどこ下がって、桜八幡神社んトコから左の細道へグキッと曲がると、
 本コース最大の難所たるウインザーの激坂のはじまりだわ。 130km走ってコレって、想像 妊娠 心不全になりそうだね。
 ちなみにソフトバンクだとここの入り口はいいけど、その後は上りきるまで圏外で地図は出ないんで覚悟しようね。」



c0288736_23452968.jpg
「圏外ってオメエ・・・・・一本道なワケじゃねえんだろ? どおすんのよ?」
「うん。 試走を行った私が素晴らしい答えをあげよう。 右か左かで悩むから迷うのだ。
 天国は天の上にある。 だから迷わず上に行く道を選択するのだよ。 上へ上へ。 逃げるなと。」



c0288736_23502572.jpg
「いや確かにわかりやすいけどさあ。 大丈夫かコレ? かなりな近道だぜ、天国への。」
「うん、むむっ! 大事なコト、をっ! 忘れてたっ! 天国、つうのは! 死な、なきゃ! 行けないん、だっ! ひええええ~っ!!」



c0288736_23541874.jpg
「・・・・・・・、よお。 渡ったみたいだぜ、三途の川。」
「・・・・・・・・・、うー、むむむむむ。 これを。 130km走ったあとで。 返す返すも想像脳卒中。。。。。」



c0288736_23571452.jpg
「あっちゃー。 こりゃモノホンの極楽浄土だぜ、まったくよ。」



c0288736_23583740.jpg
「しっかしよお、変態っつうのはよ、悪人じゃねえのか? アタシとしちゃあ、イッパツ閻魔大王とタイマン張ってみたかったんだけどなー。」
「カンベンしてくれえ、武闘派にもほどがあるぅ・・・・・・・」



c0288736_220041.jpg
「でも、コイツ。 前回は硬くて硬くてモロショックでゴメンナサイだったんだけど、 今回ワリと不満が薄らいでるような・・・・・・」
「サドルに座ってねえからじゃねえの? 不満とか考える余裕がないとかさあ・・・・・」



c0288736_2242276.jpg
「そうそう! ダンシングといえばリンダちゃん、苦手だったんじゃない? 去年は踏むペダリングをあれだけ拒絶する頑固者だったはずなのに、
 今年、つうか今回はこの修羅場をしっかり乗り越える柔軟な対応。 カワイコ特訓が実を結んだ?」
「・・・・・、どこまでも脳天気だな、テメエ。 特訓で変わったのはアタシじゃなくてテメエだろが。」



c0288736_22422565.jpg
「へ? このワタシが?? 変わるほどの特訓???    ・・・・・・、あーっ! AKか!!」
「そーだよ、今頃気づいたか。 あの雪道で極限のダンシング技を次々編み出したのが、ここでちゃんと開花してんだよ。
 フルトルクのスリップさせないダンシングっつうのは円く回せる踏みだろ?
 尖らせないでのハイトルクならアタシもちゃんと路面に伝えられるって寸法さ。
 貧乳ちゃんが自在のダンシングを手に入れたのだって、ホイールのせいばっかじゃないんだよ。
 だから言ってるだろ、特訓なくして勝利なし、って!」




c0288736_22545033.jpg
「ううー、リンダちゃん、えらい! ごほうびにムーディーな画を撮ってあげよう。」
「うわわっ、やめろってバカ! こしょばいだろがっ!!」



c0288736_2258156.jpg
「ほーらほーら。 ちょっと色っぽいのもどうよ?」
「だからやめろよっ、はずかしいだろがっ! イヤだったらあっ!!」
(おおっ!?)



c0288736_2361835.jpg
「・・・・・うわちゃ、せっかく芽生えかけたムーディーなデート気分を一撃で粉砕する破壊力。 さすがはわが同志。」
「何なんだよこのいかれた店はよ!」



c0288736_23171758.jpg
「おおっ、サイクルスタンドがあるぜ、とリンダを休ませたら、店主が大喜びw
 『やったー! 実はこれ、今日置いたばっかりなんですよ、第一号だあ! いや、隣の設備屋さんが閉めたんで、
 ちょうどいいなあといただいたもので。 このサドルがかかるとこ、ゴムとか巻くべきなんでしょうけど、どうしてもこのままで行きたくて・・・・・』
 とまあ謎のこだわり炸裂。 うーむよしよしよし、それでこそ赤錆同盟。 鈴井亜由美もしびれるワケだ。」
「・・・・・・、えーっとよお、まったく話が見えねえんだけどもよ。 とりあえずその赤ナントカにや、アタシは無関係ってことでいいな! 絶対な!!」


    ~ 赤錆同盟 ラムヤートは こんな店だ。 ~



c0288736_2333883.jpg
「とにかく、せっかくだから、走りながら食う! これまた最高の贅沢!!」
「しっかしまあ、ウインザーってのはたいしたモンだな。 武四郎が補給半分でこなせるユルイ坂にしか感じられねえもんな。」



c0288736_23365033.jpg
「そしてそのあと、多少の紆余曲折はありましたが見事ルスツリゾートにゴール! いやーリンダちゃん素晴らしい!パチパチパチ・・・・・」
「・・・・・、あのよお。 何かアタシを少しづつカワイイ方向にもってこうという策謀を感じるんだけどよ。
 月末はこれプラスパノラマ110kmだかんな、こんなノンキなゴールはねえぞ、わかってんだろうな?」




c0288736_2343273.jpg
「まあそん時はそん時、今日は今日。 ひどいときはどーせ泣くんだから、 楽しい今日は笑いましょ!」
「いーのかなあこんなんで。 どんどんユルくなってくアタシが将来不安だよお。」



c0288736_23505323.jpg
「うっひょー! 木洩れ日に浮き上がる妖艶さ! さすがは赤〇同盟・・・・」
「サビじゃねーっ!!」





 ~ おまけ ~
 
   「いやーいいですなあ~、この牧歌的な風景・・・・・・・・! あーっ! リンダちゃん!!」
   「てっめえーっ! ふざけんな! アレのどこがアタシなんだよ!!」
   「いやあ、あのね、カンペキでしょ? 間違いないでしょが?」
   「あのなあ! 赤い彗星のイメージが地に落ちっだろ! 絶対違うってばよっ!!」
   「ほっほお~。 じゃ、ま、見てもらいますか? アウトかセーフか?」

よよいのよい。
[PR]
by denzia | 2013-06-03 00:08 | Comments(4)

しちゃった。

 TOUR OF KAMUI のルスツ大会のエントリー、しちゃった。

 170km、2700m登るそうだよ。

 死ねそう。
[PR]
by denzia | 2013-05-28 18:13 | Comments(4)


  愛しい妻達(自転車)と     果てしなき愛を交わす、    怒涛の自転車ヘンタイBlog          (↑ここ重要)


by denzia

カテゴリ

全体
プロフィール
ペダリングのゴタク
銀輪採集記

タグ

(33)
(30)
(26)
(22)
(19)
(9)
(8)
(7)
(6)
(4)
(3)
(1)
(1)

以前の記事

2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
more...

最新の記事

クロージング。。。。。
at 2016-11-22 16:38
最終回。
at 2016-11-22 16:03
真夜中は純潔。
at 2016-11-15 11:30
すごくうまいおはなし。
at 2016-11-01 23:56
観楓会。
at 2016-10-23 22:46

お気に入り

最新のコメント

うーん、雨の下りのリムブ..
by うんちくう太郎 at 20:49
こんばんは、師匠。 自..
by DENZI at 23:04
朧月夜のデート粋ですねー..
by スーパーレコード at 17:33
あざす! あざす、7SA..
by DENZI at 23:00
いってきました。 しか..
by 007 at 19:55
運動のあとのたんぱく質は..
by DENZI at 12:09
おおう、行ってくれました..
by DENZI at 11:58
ピラティス終了後に良いか..
by メルカトーネ・ウノ at 22:23
行ってきた。 旨かった..
by 〇〇超 at 09:26
うーむ、〇野君? △野さ..
by DENZI at 00:00

検索

記事ランキング

ブログジャンル

自転車・バイク